SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ブレインパッドとFringe81が業務提携~第三者配信アドサーバー「digitalice」を利用した分析サービス提供

 ブレインパッドとFringe81は、Fringe81の提供する第三者配信アドサーバー「digitalice(デジタリス)」のログデータを利用したクライアント向け新分析サービス提供に関して業務提携することで合意した。

 昨今、オンライン広告において、広告主が一括して媒体に広告を配信する第三者配信アドサーバーを利用する企業が増加している。広告配信を広告主側が管理することで、自らが広告出稿の効果を検証できるなどのメリットがある。同時に広告主側が取得できる効果検証用データーは圧倒的に増えており、これらの情報を的確に分析し効果測定に利用することはクライアント企業の大きな負担にもなっている。

 本提携により、クライアント企業は、全ての広告を横断したデーターとサイト内でのユーザー行動データーとを組み合わせ、1つの経路として見ることが可能になる。両社の強みを組み合わせることで、より統合的なマーケティングパッケージを提供していく。

 両社は今後、「digitalice」上で提供するカスタマージャーニー分析に加え、アトリビューション分析に関する新たなサービスなど、順次サービスを展開していく。さらに、今後ブレインパッドの開発・提供するソフトウェアと「digitalice」のデーターを統合した新たなサービスの開発を目指す予定。

【関連記事】
ブレインパッドとウイングアーク、ビッグデータ時代のBI/BA領域で協業
ブレインパッド、Hadoopフレームワーク「Huahin Framework」をオープンソースとして公開
cciとメディアマインド、第三者配信アドサーバープラットフォーム推進でパートナーシップ強化
ヤフー、「MediaMind」をYahoo! JAPANの認定第三者配信アドサーバーとして採用
アイレップ、Googleの第三者配信プラットフォーム運用サービス開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/12/13 11:20 https://markezine.jp/article/detail/16922

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング