SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

拡大する国内ファッション・インテリア・雑貨EC市場、2012年度は7,020億円の見込み

 矢野経済研究所は、国内ファッション・インテリア・雑貨EC市場の調査を実施した。

 当調査によると、2011年度のファッション・インテリア・雑貨のEC市場規模(主要6分野の合計)は、小売金額ベースで前年度比121.5%の6,366億円と大幅に拡大した。

 そして各企業やブランドは総合モール型ECが好調であることから、今後は自社で獲得しきれていない年齢層や男性といった幅広い顧客層に対して訴求のできるチャネルとして活用が見込まれる。

 またO2Oが注目されるなか、自社ECサイトの重要性は増していくと考えられ、今後は自社ECサイトを開設・運営する企業やブランドが増加するだろう。

 国内の様々な経済指標を考慮すると、概してファッション・インテリア・雑貨市場自体の今後の成長はそれほど見込めないなかで、販売チャネルの一つとしてEC市場は堅調に拡大する見込み。2012年度の同市場規模は前年度比110.3%で7,020億円、2013年度は同107.3%の7,535億円と予測。

【調査概要】
調査期間:2012年10~12月
調査対象:ブランドホルダー企業、ファッションモール運営企業等
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

【関連記事】
「ファッション」関連の人気サイトランキング(2013年01月)
千趣会、新ファッションブランド「Embellish.」立ち上げ~20代女性層取り込みを狙う
楽天、ファッションEコマースのスタイライフを11億円で買収へ
ドコモ、ファッションEコマース「マガシーク」を子会社化へ
2011年クレジットカードショッピング市場約39兆円、EC市場の伸びとともに拡大基調

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング