SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

女性・若者のハートをつかめ!「Ameba」最新マーケティング事例(PR)

アメーバピグにスタジアム登場! F1女性にリーチするO2O施策【日本女子プロ野球機構×アメーバピグ】

レアアイテム「スタジアム風の床」で球場へ誘引するO2O施策

――世界観の構築にあたり、特にどんな点にこだわりましたか?

高盛 アメーバで女子プロ野球の存在を知って興味を持ち、最終的には球場に足を運んでもらえればと思っているので、実際のスタジアムの雰囲気やユニフォームなどのアイテムに忠実に、かつアメーバピグユーザーが好むかわいらしさとバランスを取れるように留意しました。企業とのコラボ企画の際にはいつも配慮する点ですが、今回は背尾さんから「ユーザーに喜んでもらえるものを」と承っていたので、僕らなりに最適だと考えるデザインで提案させてもらいました。

アメーバピグ内に建設された「女子プロ野球スタジアム」
アメーバピグ内に建設された「女子プロ野球スタジアム」

背尾 出来上がったスタジアムを見てビックリしましたね。ここまでリアルな球場がアメーバピグ内に誕生したという印象で、かなり満足しました。

――具体的に、球場へ誘引するO2O(Online to Offline)施策はあるのですか?

高盛 キャンペーン期間中に球場に来てくれた人に、自分のアバターの部屋に設置できる限定ピグアイテム「女子プロ野球スタジアム風の床」を提供しています。アメーバピグではいろいろとレアなコラボアイテムを展開していますが、希少価値が高いので、コアなユーザーは強く反応してくれます。今回も、お部屋の床がスタジアム風になるというシュールさが面白く、興味を持ってもらえたようです。

バーチャル→リアル、リアル→バーチャルの相互送客

――「床」をプレゼントするというアイディアはどういうところから生まれたのですか?

高盛 これは、女子プロ野球機構さんとのブレストからです。野球コンテンツとタイアップすること自体、アメーバピグでは初めてだったので、ユニフォームやキャップなどのアイテムと組み合わせたときにアメーバピグとして一番野球を表現できて、かつレアなものは何かと話す中で挙がりました。

――それはどのような仕組みでもらえるのですか?

背尾 今年から「エイエイオー・カード」という、好きな写真を野球カードにできるオリジナルサービスを開始しました。選手やスタッフも名刺代わりにもっていたり、試合当日は選手とファンの方との交換会なども実施しています。今回は、来場者の方へキャンペーンカードをプレゼントし、そこに記載したシリアルナンバーをピグ上で入力するとアイテムがもらえるという流れになっています。

――そうすると、球場に来た人からアメーバピグへの送客、つまりO2Oの流れも起こるわけですね。

背尾 ええ、それも今回の狙いの一つです。先ほど球場でも企画を告知しているとお話ししましたが、選手たちにも実際にアメーバピグに登場してもらって交流するイベントなども今後予定しており、8月19日のキャンペーン終了までにもっと相互の送客を強化できればと思っています。アメーバピグ内のスタジアムにはインタビューコーナー(お立ち台)もあるので、活用したいですね。

次のページ
約2カ月で70万人のユーザーがスタジアムを訪問

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
女性・若者のハートをつかめ!「Ameba」最新マーケティング事例連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング