SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TubeMogul、GRPベースでビデオ広告をバイイングする「BrandPoint」をローンチ

 TubeMogulが6月25日に発表した「BrandPoint」は、デジタルビデオ広告をGRPあたりのコストを見ながら買うことができる。そのベースになるのは、テレビ&ネット視聴率調査会社ニールセンの「Nielsen Online Campaign Ratings」のGRP(延べ視聴率)データ。

 ニールセンのGRPデータを統合したプラットフォームの上で、バイヤーはターゲットの年齢・性別を選ぶ。さらに予算が横軸、GRPが縦軸のグラフの上で両者の兼ね合いを見ながら指定すると、残りの作業は自動化される。またDMA(Designated Market Area、ニールセンが定義するエリア区分)と配信時間帯、特定のサイト群も指定できる。対応しているビデオ広告のフォーマットは、プレロール(pre-roll)、インディスプレイ(in-display)、ソーシャルビデオなど。さらに、好ましくないサイトを識別する機能も組み込まれている。

 すべてのビデオ広告のバイイングは、Cost Per Point(CPP、視聴率1ポイントを獲得するための費用)保証があり、キャンペーンが進行している間も、ターゲットとしているオーディエンスにリーチしているかを確認するために、Nielsen Online Campaign Ratingsのデータを見ることができる。

 BrandPointはより高い精度とより低いコストによって効果的にビデオ広告を配信する。その優位性を示すため、TubeMogulは地方テレビ局でCMを打った場合のコストと比較。25~54歳のニューヨーク在住の成人をターゲットとする場合はGRP1ポイントあたり1440ドル、18~49歳のサクラメント在住の成人の場合は306ドルの節約になるとしている。

【関連記事】
オムニバスとチューブモーグル、ビデオ広告分野でオーディエンスターゲティング実現
テレビ視聴率が1%増加するのに必要なツイート量は?
ツイッターを使ったテレビ視聴率調査サービス「Nielsen Twitter TV Rating」発表
ニールセンが「家庭と職場」全体の視聴率データの提供を開始、iTunesも集計対象に
cciとDennoo、ディスプレイ動画広告「Display Cost per View」リリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/07/03 09:33 https://markezine.jp/article/detail/18085

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング