SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント「CAMP」、マルチデバイス型広告の計測機能提供へ

 サイバーエージェントは、広告効果測定システム「CAMP(CyberAgent Marketing Platform)」にて、マルチデバイス型広告を対象にした計測機能の提供を、7月8日より開始した。

 リスティング広告において、GoogleおよびYahoo! JAPANが2013年7月、「Google エンハンストキャンペーン」「スポンサードサーチ ユニファイドキャンペーン」対応を実施することにより、マルチデバイス横断の広告管理形態へとプラットフォームの仕様変更がされる。それに伴い、「CAMP」の広告効果計測においてマルチデバイス型広告に適した計測方法へと、仕様変更および機能追加する。

 従来の広告効果計測はPC・スマートフォンなどデバイス毎にレポート画面が分かれていたが、本計測機能を活用することで、複数のデバイスを1つの画面で管理できる。

 具体的には、マルチデバイス型広告の計測機能を活用すると、媒体側ではデバイスを元に表示される広告について、複数の着地先URLをデバイスごとに設定することが可能に。マルチデバイス型広告に適した広告運用の実施と、計測・レポートの確認をすることができる。さらにデバイスごとの各OSにおいても、着地先URLを設定でき、各OSで異なるWebページを持っている場合には、より細かな広告運用が可能。

【関連記事】
サイバーエージェントと凸版印刷、商品に近づくとクーポン情報をスマホに配信!位置連動型O2Oプロモーショントライアル実施
サイバーエージェント、社会人向け「アントレプレナー・イノベーションキャンプ」を無料開催
スマホ比率は43.3%、女性比率の増加傾向続く【マルチデバイス利用動向調査】
「Adobe Digital Marketing Summit 2013」開催、マルチデバイス、モバイルへ対応強化発表
Yahoo! JAPAN、今夏スポンサードサーチのキャンペーン機能強化、マルチデバイスに対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/07/08 12:00 https://markezine.jp/article/detail/18109

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング