SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Yahoo!広告活用の今を追う(PR)

直感的に使えるUIでアプリ開発・運用が容易に
マーケターのためのCMS「Yahoo! アプリエンジン」とは?

 「マーケティングイノベーション室」の設立、広告ソリューションのリニューアルと、近年まさに“爆速”を感じさせるドラスティックな変革を続けているYahoo! JAPANによる本連載。今回は、未だ加速度的に拡大を続けるスマートフォン市場を制するための、アプリの戦略に注目。このほど発表されたCMS「Yahoo! アプリエンジン」の提供パートナー、ファストメディアとともに、スマートフォンアプリのマーケティング活用について聞いた。

消費者行動が多様化する中、どのタッチポイントを選ぶべきか

 MarkeZine編集部(以下、MZ):9月5日、iPhoneおよびAndroidアプリを簡単に作れるCMS「Yahoo! アプリエンジン」がリリースされました。今回は、このサービスを担当する加藤氏と、提携パートナーであるファストメディアの庵原氏にアプリの戦略について伺っていきますが、まずはリリースの背景として、スマートフォン市場における最近の変化からお教えいただけますか。

ヤフー株式会社 マーケティングソリューションカンパニー マーケティングアライアンス 
サービスマネージャー 加藤倫氏(写真右) 
ファストメディア株式会社 代表取締役 庵原保文氏(写真左)

 加藤:各所で言われていることではありますが、スマートデバイスの普及によって、ユーザー動向の多様化・複雑化が特に顕著です。ネットに接続するデバイス自体が増えた結果、入口が一つではなくなり、消費者はそれぞれの目的とタイミングに合わせて自由にネットに接続するようになりました。

 そこで企業や我々のような企業をサポートする立場の者は、そんなユーザー動向に合った適切なタイミングで、消費行動につながる情報を提供する必要性が一層高まっていると感じています。

 庵原:スマートフォン市場では少し前までは「Webかアプリか」という議論がありましたが、実際にはユーザーはそれぞれの利点を自然に使いこなしていますし、今やゲーム機でもネットにつながって当たり前になっています。まさにマルチチャネル、マルチタッチポイントの時代ですね。その分、マーケターにとっては、キャッチアップするのがより大変な状況になっていると思います。

自社に最適なタッチポイントを見極めてフォーカスする

 MZ:そんなマルチタッチポイントの時代では、全方位的にユーザーとの接点を考えていくべきなのでしょうか?

 庵原:いえ、全方位的にというより、どのタッチポイントを選ぶかがますます重要になってきているということです。今まで以上に自社のユーザー動向をよく理解して、最適なタッチポイントを見極めた上で、適切なツールやソリューションを導入してアプローチを図っていくのが大事だと思います。

 とはいえ、スマートフォンとPCの行き来、またWebブラウザとアプリの行き来が自由に行われているだけに、この“ユーザー動向を理解”というのは簡単なことではありませんが……。

 加藤:そうですね。最適なタッチポイント設計にはユーザーを知ることが不可欠ですが、同じ人が似たような情報に接する際でも、デバイスにダウンロードして使うアプリならより日常的に深く接する、Webだとたまたま回遊していて接する、など深さや関与度が異なります。

 ですので今、どういう人がどんなタイミングで接触しているのか、接触態度を含めたデータ分析を模索しているところです。

次のページ
アプリとWebを例えるなら「F1」と「乗用車」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Yahoo!広告活用の今を追う連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/09/27 11:00 https://markezine.jp/article/detail/18428

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング