SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

「売上を求められるのは営業ではなくマーケター」という危機感を持つ人に使ってほしい、検索連動型広告を柱としてパフォーマンスを追求するマリンソフトウェア

 アドテクノロジーの進化によって、パフォーマンスを追求したディスプレイ広告が注目を集める今でも、ネット広告費の最大の受け皿は検索連動型広告だ。そこに強みをもつ米マリンソフトウェアは、つちかってきた技術をディスプレイ広告へも応用。進化を続けるマリンソフトウェアのマネージングディレクターに、これからのマーケターに求められるものについて話を聞いた。

検索連動型広告の運用管理ツールとして出発したマリンソフトウェア

 オンライン広告の運用管理ツールをクラウドで提供するマリンソフトウェアは2006年、米国サンフランシスコに設立された。当時の米国は、オンラインでの広告出稿量が格段に伸びていたにもかかわらず、手作業に近いような出稿スタイルだった。

マリンソフトウェア株式会社マーケティングディレクタージェイ・レベルズ氏
マリンソフトウェア株式会社
マネージングディレクター
ジェイ・レベルズ氏

 共同創業者でCEOのクリス・リーン氏は、拡大するネット広告市場における検索連動型広告の出稿・管理支援ツールの必要性を確信し、マリンソフトウェアを設立した。同社の社名は、サンフランシスコのベイエリアにある「マリン郡」に由来しており、共同創業者の3人はともにこの地区の出身だという。

 現在、マリンソフトウェアのプラットフォームによる広告運用額は年間50億ドルを突破。このうち、モバイルデバイス向けがおよそ23%を占めている。プラットフォームで運用されている広告ユニット数は60億を超え、顧客のうち10社が1億超のキーワードをマリンソフトウェアのプラットフォームで運用、うち1社は5億近いキーワードを運用している。

 マリンソフトウェアは2012年1月に日本での事業をスタート。今回、日本におけるマネージングディレクターのジェイ・レベルズ氏に、日本のデジタルマーケティングの状況と同社ソリューションの展望について話を聞いた。

ビッグデータは"Your Data(あなたのデータ)"

 同社のソリューションは、検索連動型広告を柱としながら、ディスプレイ、モバイル、ソーシャルにも機能を拡大。オンライン広告キャンペーンをひとつのインターフェイスで効率的に管理できるようになった今でも、その最大の強みはサーチ、検索連動型広告にあるとレベルズ氏は強調する。

 「まず、わたしたちは非常に限られた分野の製品しか持っていないという事実があります。同様のツールは他社も提供しており、マーケティングスイートとしてさまざまなツール群を提供している会社もあります。一方、マリンソフトウェアの特徴は、いつでもニュートラルでオープンであるということ。どのツールとも連携し、あらゆるデータを取り込んで広告主が必要なパースペクティブ、カットでデータを活用できるようにしています。」

 マリンソフトウェアは、もともとの開発思想において「オープンである」ということを重視しているとレベルズ氏。これは「ビッグデータ」の活用において非常に大きな意味を持つ。「今まさにビッグデータ花盛りですが、データは誰のもので、誰が責任をもって使えるものにするのか。私たちは、“Your Data”という言葉を今年のキーワードにしています。ビッグデータは、あなたのデータです。あなたがわかる方法で活用していく必要があるのです。

 アドテクツールは便利な反面、肝心のアルゴリズムがブラックボックス化してしまう。マリンソフトウェアはアルゴリズムを公開しており、入札予測値がどのように計算されたのかその根拠をマーケターが理解できるため、必要に応じて自身の経験から予測値を手動で調整することもできます。」

 完全自動入札も可能だが、こうした情報開示によって、今回は特別なキャンペーンを走らせるから自動ではなくて手動にしようという判断もしやすくなる。インテグレーションという意味でも、ツールのロジックという意味でも、オープンで透明であるということがマリンソフトウェアの製品コンセプトとなっている。

マーケター必見の資料!
「ネット小売業界における検索広告の運用とパフォーマンスの追求
検索広告で収益パフォーマンスを拡大するための5つの戦略」

 世界のGoogle AdWordsの売上を見ると小売業が30億ドル以上を占めていることがわかります。当然これには理由があります。検索広告がきわめて効果的で、安定した投資対効果(ROI)が見込めることが立証されたためです。
 

 マリンソフトウェアは、グローバルな小売業者を対象として調査を行い、検索広告市場のきわめて激しい競争を勝ち抜くための主要戦略5点をまとめました。

 

 ぜひ、ダウンロードして、貴重な調査データをご覧いただき、自社の施策立案にお役立てください。 

ダウンロードはこちら

 

次のページ
入札は勝負、勝負の回数は多いほうが良い

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング