SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2013(PR)

メールの効果は落ちていない!ドクターシーラボの「おもてなしEコマース」を実現するメールマーケティングとは?

将来的には一括送信のメルマガをやめる

 このことからも、顧客は自分に関係したメールは見るということが言える。しかしそれは裏を返せば、人によって送るべきメールは異なるということだ。

 それについて、西井氏は「私たちが考えるメールマーケティングの理想像は、将来的には一括送信のメルマガをやめることです。つまりメールはすべてOne to Oneにする、ということです」と語る。その具体的な実現方法として、西井氏は4つのプロセスを提示する。

One to Oneを実現する4つのプロセス

1.メールアドレス、ユーザー情報を取得する
2.ユーザー別にシナリオを組み、タイミングを具体的に指定する
3.ユーザーにあったクリエイティブのメールを制作する
4.システム設定と配信結果の可視化

 このプロセスにおいて、最も大事なのは「タイミングに合わせて、ユーザーに合ったクリエイティブのメールを送ること」と西井氏は言う。しかし、同社が作成したユーザー別のシナリオは、現在でおよそ300パターンにのぼるという。さらに発展させるには、シナリオと条件を考える「マーケティング脳」、シナリオにあったクリエイティブを制作する「クリエイティブ脳」、配信設定を行い、配信結果を見て再度実行に移す「システム脳」をバランスよく使わなければならない。これらを発展させつつも、効率的に管理するために、同社はエクスペリアンジャパンの提供するキャンペーンマネジメントシステム 「MailPublisher suite」 を導入した。

 「キャンペーンは効果検証が重要ですが、これまでは開封率やクリック率を集めるだけでもとても大変でした。ツールを導入することで、クリック率の可視化も、施策の修正も簡単になりました。先ほど述べた3つの『脳』を社内にすべて持っているというのも、パートナーとして選んだ重要なポイントです。また、メールを使ったキャンペーンを実行するうえで絶対に外せない『到達率』においても、これまでエクスペリアンジャパン社の 「MailPublisher」 を使ってきた実績から信頼を置いています」

 今日、様々なキャンペーンマネジメントシステムのツールが登場している。ツールの選定基準としては、効果が可視化できること、施策の修正が簡単なこと、そしてマーケターが容易に使いこなせることがあげられる。 「MailPublisher suite」 の場合は、それに加えて、モバイル配信の到達率の高さ、ツールを提供するエクスペリアンジャパンがただのツールベンダーではなく、シナリオ設計、データ設計、さらにはクリエイティブまで支援できる企業であることが特長であり、同社が選定したポイントであると述べた。

メルマガ時代から、メールマーケティング時代へ

 「時代は、メルマガ時代から、メールマーケティング時代に移行している」と西井氏は語る。「メルマガ時代は、リストをひたすら入手し、売れるキャッチコピーを研究していました。でもメールマーケティング時代は、ドクターシーラボからのメールをお客様にとって『毎回読むメール』と位置づけてもらうことが大切だと思っています。ショッキングな件名を多く作るより、購入履歴や属性情報、購入履歴をもとにしたシナリオを増やしていきます。シナリオを増やすためには、サイト内で購入以外のアクションを増やすような施策を打っていくことが大切でしょう。結果、インタラクティブなサイト作りが必要というところに立ち戻っていきます」

 以前、西井氏はエクスペリアンジャパンの中澤氏と行った対談で、ドクターシーラボが目指す「おもてなしEコマース」について語っていた。(対談記事はこちら)「今後もお客様とのコミュニケーションを重視し、おもてなしをすることで、関係性を築いていきたいと思っています」と西井氏は講演を締めくくった。

ドクターシーラボの「おもてなしEコマース」を実現するメールマーケティングとは?

講演内で紹介したキャンペーンマネジメントソリューション 「MailPublisher suite」 のサービス資料をダウンロードしていただけます。
※リンクをクリックすると外部サイトへ遷移します
本講演の関連資料ダウンロードはこちら
エクスペリアンジャパンのキャンペーンマネジメントシステム 「MailPublisher suite」 について詳しくはこちら

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2013連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

齋藤 麻紀子(サイトウ マキコ)

フリーランスライター・エディター74年生まれ、福岡県出身、早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。 コンサルティング会社にて企業再建に従事したのち、独立。ビジネス誌や週刊誌等を通じて、新たなビジネストレンドや働き方を発信すると同時に、企業の情報発信支援等も行う。震災後は東北で起こるイノベーションにも注目、...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/11/06 11:00 https://markezine.jp/article/detail/18624

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング