SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

あの人気アプリ「鬼から電話」も実感した収益力!
アイモバイルの「インタースティシャル広告」はここが違う!

 子育て世代に人気の子育て支援アプリ「鬼から電話」が導入した、アイモバイルの「インタースティシャル広告」の魅力は、全画面表示という見た目のインパクトだけではない。いま注目の広告フォーマットについて、メディアアクティブとアイモバイルが対談を行った。

スマホの全画面を占有する「インタースティシャル広告」

 インタースティシャル広告とは、アプリの起動時や終了時などの隙間を利用して全画面表示されるリッチメディア広告の一種。従来の通常バナーのサイズは320×50ピクセル、アイコンバナーでは57x57ピクセルだが、インタースティシャル広告は、PCウェブサイトのレクタングルと同じ300x250ピクセルのビッグサイズで表示される。

 全画面を占有する見た目のインパクトだけでなく、収益向上にも大きなインパクトがあるインタースティシャル広告。2013年12月、アイモバイルはiOS版のスマートフォンアプリ向けインタースティシャル広告の提供を開始し、今年1月にはAndroid版の提供も開始した。

 この新しい広告フォーマットをいちはやく取り入れたのが、人気の子育て支援アプリ「鬼から電話」を開発したメディアアクティブだ。「鬼から電話」とは、何回諭しても言うことを聞かない子どもには「鬼から電話がかかってくる」という斬新なアイデアをかたちにしたもので、現在、1日12万人が利用している人気アプリとなっている。

「言う事をきかない時」「歯磨きをしない時」などのシチュエーションを選ぶと着信があり、鬼やお化けなどの怖いイラストが表示される。子どもに見せて効果があれば着信を拒否し、効果がない場合は[通話]ボタンを押すと、鬼やお化けなどがアニメーションとともに話し始める。
シチュエーションを選ぶと着信があり、鬼やお化けなどの怖いイラストが表示される。
効果がない場合は[通話]ボタンを押すと、鬼やお化けなどがアニメーションとともに話し始める。

 今回は、この人気アプリを手がけるメディアアクティブ 代表取締役 佐々木孝樹氏、インタースティシャル広告を提供するアイモバイル 代表取締役 田中俊彦氏、アドネットワーク事業部の吉田和史氏が対談を行い、新しい広告の魅力と可能性について語り合った。

子育てをする主婦に大人気のアプリ「鬼から電話」

株式会社アイモバイル代表取締役田中俊彦氏
株式会社アイモバイル
代表取締役 田中俊彦氏

田中 「インタースティシャル広告」は世界では非常に一般的になってきた広告です。「インタースティシャル」という言葉の元々の意味は「何かと何かの隙間に挟む」ということ。ツール系アプリなら機能やコンテンツの区切り、ゲームアプリならひとつのステージが終わったところで表示される広告です。サイズが大きいのでかなり表現豊かなクリエイティブを掲載することが可能で、収益の方も非常に高く還元できる広告になります。

吉田 これまでのバナー広告は、アプリの中に枠を設けて、そこに配信するかたちをとっていましたが、インタースティシャル広告の場合は、全画面でポップアップ表示させることができるので、既存のアプリデザインを崩すこともありません。現在、iOS/Androidの両OSにSDKが対応しています。SDKの導入も簡単です。いま稼動しているアプリ数は300件弱ほどになります。

このインタースティシャル広告をいちはやく導入したのが、メディアアクティブの人気アプリ「鬼から電話」だ。この話題のアプリを佐々木社長は次のように説明する。

メディアアクティブ株式会社代表取締役佐々木孝樹氏
メディアアクティブ株式会社
代表取締役 佐々木孝樹氏

佐々木 「鬼から電話」は、2歳から7歳くらいのお子さんを持つ主婦層をターゲットとしているアプリです。お子さんに何か言い聞かせてもなかなか言うことを聞いてくれないことがあると思うのですが、そんなときに、怖い鬼から仮想の電話が掛かってくるというアプリです。

MZ(MarkeZine編集部) アイモバイルのインタースティシャル広告を導入した理由は何だったのでしょうか。

佐々木 非常に珍しいと思うのですが、実はユーザーからの要望がきっかけになっています。このアプリは起動すると鬼やお化けなどのキャラクターから電話がかかってきて、お子さんへ言い聞かせるわけですが、それが終わってアプリを終了すると、アプリのトップページに戻るような仕様でした。それではいかにもアプリだということがバレてしまうので、ユーザーの方から「ここに広告を挟んでくれませんか?」という提案をいただいたのです。

株式会社アイモバイルアドネットワーク事業本部スマートフォン推進部第一メディアグループ吉田和史氏
株式会社アイモバイル
アドネットワーク事業本部
スマートフォン推進部 吉田和史氏

(一同) そういう理由だったのですか!

佐々木 はい。私たちは「アプリのクリエイティブは崩したくない。しかも違和感のないようにしたい」という前提があったので、クリエイティブがきれいな広告はないかと探していました。実際複数社のサービスを当たってみたのですが、そのときに、アイモバイルのインタースティシャル広告が一番きれいに表示することができたのです。

吉田 インタースティシャル広告のクリエイティブのサイズはレクタングル広告と同じ300×250ピクセルになります。通常は、レクタングルだけがポップアップ表示されるものが多いと思いますが、アイモバイルではテキストを入れて、アプリのダウンロードも促しているので訴求力は通常よりは強いものになっていると思いますね。

 また、インタースティシャル広告は、Unityプラグインに対応しました。開発者に人気のツールUnityについては前回の対談でもお話ししましたが、Unityで開発したアプリへのインタースティシャルSDKの導入もスムーズに行えるようになりましたので、ぜひ活用していただきたいと思います。

上限なし!クリック単価最低20円保証!
「インタースティシャル広告」特別キャンペーン実施中!

アイモバイルでは、インタースティシャル広告の導入をお考えのデベロッパーの方に向けて、クリック単価最低20円保証キャンペーンを実施しています。

新規アプリ、既存アプリ問わず、アイモバイルのインタースティシャル広告を掲載後、キャンペーン期間中に発生したクリックにおいて最低CPC20円を保証します。対象となるのは、2013年12月5日(木)~2014年5月31日(土)に発生したクリックです。
キャンペーンのお申込みはこちらのページをご覧ください!

ユーザビリティと広告効果を考えた広告仕様は素晴らしい!

MZ 実際に導入してみて、収益にはどのような変化があったのでしょうか。

佐々木 正直、想像していた以上にマネタイズ、広告の収益性は向上していると感じています。実はこのアプリの中には複数の広告が入っています。320×50ピクセルの通常バナーはもちろん、Android版には「リワード広告」も入っていますし、おすすめアプリを紹介する「CPI(Click Per Install)」などもあります。その中でも、インタースティシャル広告は、収益性の面でも非常に高い結果を出しているのです。

田中 ユーザーの反応はどうですか? 広告の入れ方によっては否定的な意見もあると思うのですが。

佐々木 広告に関するネガティブなご意見は少ないですね。驚くほど高いCTRを考えるとユーザーの興味を惹ける広告配信ができているのではと考えています。

田中 今回の「鬼から電話」アプリの場合、お子さんも見ているので、誤タップを防止する仕組み、具体的には、ワンタップしてもすぐダウンロードページに遷移しないような仕様を入れています。無駄な遷移を未然に防ぐことで、高い広告主効果を実現し、高単価で収益を還元することができるのです。

ユーザーが誤タップを行った場合でも、表示される確認画面から「ダウンロードボタン」を押さないとダウンロードページに遷移しない誤タップ防止機能付き。右上には大きな「×」ボタンも
ユーザーが誤タップを行った場合でも、表示される確認画面から「ダウンロードボタン」を
押さないとダウンロードページに遷移しない誤タップ防止機能付き。右上には大きな「×」ボタンも

佐々木 2タップでダウンロードを開始させるというユーザビリティを考慮している点が非常にいいですね。クリエイティブの美しさ、「×」ボタンの大きさ、さらに表示速度が非常に速いということも魅力です。

高い収益性を可能にする、アイモバイルならではの取り組みとは?

アイモバイルのインタースティシャル広告の特徴は、クリエイティブに関わる部分だけではない。さらに細やかな配信が可能になる機能も用意されている。

田中 今回の「鬼から電話」については、「ホワイトリストを使った広告配信」に取り組んでいます。通常は、ブラックリストを使ってフィルタをかけて配信を行いますが、今回は一部のメディア、クリエイティブについてメディアアクティブ側に確認してもらって許可がとれたものだけを手動で配信するかたちになっています。お子さんも目にする機会が多いアプリなので、その点は非常に気を使っています。

佐々木 そのおかげでコンバージョン数も獲得できていると思うので、双方にとってメリットがあることだと思っています。多くの会社は残念ながら、ただ在庫を流すだけという感じなので。

ターゲット層が明確で幼児も利用する特殊なアプリだけに、両社はパートナーとして協力しつつ広告配信を行っていることが伝わってくる。さらに、アイモバイルのインタースティシャル広告にはもうひとつ特徴がある。それが「表示頻度の設定」だ。

吉田 管理画面で「配信設定」ができるので、簡単に配信頻度の変更ができるようになっています。やはり、デベロッパーの方が一番懸念しているのは「ユーザーのレビューが荒れる」とか「広告が毎回出過てうっとうしいので使わない」ということだと思います。管理画面では、3回に1回だった表示頻度を5回に1回に減らしたり、逆に増やすことも簡単にできます。

佐々木 もうひとつ強調したいのは、各メディアに合わせた広告のターゲティングセグメントがしっかりとできているということですね。その辺がやはり他社より優れているなと感じます。広告会社とメディア側の連携が深まることにより、より高いマネタイズ効果が生み出せると考えています。

上限なし!クリック単価最低20円保証!
「インタースティシャル広告」特別キャンペーン実施中!

アイモバイルでは、インタースティシャル広告の導入をお考えのデベロッパーの方に向けて、クリック単価最低20円保証キャンペーンを実施しています。

新規アプリ、既存アプリ問わず、アイモバイルのインタースティシャル広告を掲載後、キャンペーン期間中に発生したクリックにおいて最低CPC20円を保証します。対象となるのは、2013年12月5日(木)~2014年5月31日(土)に発生したクリックです。
キャンペーンのお申込みはこちらのページをご覧ください!

これからのスマホ広告に期待すること

インタースティシャル広告の手応えと、アプリデベロッパーの本音も飛び出した今回の対談。最後にこれから取り組んでいきたいことについて語った。

佐々木 「鬼から電話」に続く新しいアプリを開発中なので、ぜひ期待していただきたいと思っています。広告予算をより有効に活用するには、アイモバイルのようなセグメントがしっかりとできる会社とタッグを組むことが、今後ますます重要になるのではないでしょうか。

吉田 インタースティシャル広告は、PCのクライアントやナショナルクライアントの案件にも適した広告フォーマットです。ツール系アプリにとって重要な広告配信の信用性が保てますし、案件の業種はいま一番豊富ではないかと思います。

田中 ご要望をいただくのは期待していただいている証拠ですから、真摯に受け止めて改善・改良していきたいと思います。私たちは、クライアントの広告効果の最大化、そしてメディアの収益の最大化ということをモットーにしています。これからも新しい広告フォーマットが出てくると思いますが、それらに対応しつつ、メディアが多様な収益機会を得られるよう、2014年もやっていきたいと考えています。

 アイモバイルでは今、デベロッパーの方に向けて「CPC20円固定保証」キャンペーンを実施しています。ぜひこのキャンペーンをきっかけに、インタースティシャル広告の威力を多くの方に知っていただきたいと思います。

現在展開中のキャンペーンは、導入当初でクリック単価が低い場合でも、アイモバイルがクリック単価20円を保証するというもの。「このキャンペーンはある意味自信の表れでもあります。実際には20円を超えるケースがかなり多くあるので、ぜひ多くのデベロッパーの方に使っていただきたいですね」と田中氏は言う。キャンペーン期間は5月末まで行われる。詳細は以下のリンクからチェック!

上限なし!クリック単価最低20円保証!
「インタースティシャル広告」特別キャンペーン実施中!

アイモバイルでは、インタースティシャル広告の導入をお考えのデベロッパーの方に向けて、クリック単価最低20円保証キャンペーンを実施しています。

新規アプリ、既存アプリ問わず、アイモバイルのインタースティシャル広告を掲載後、キャンペーン期間中に発生したクリックにおいて最低CPC20円を保証します。対象となるのは、2013年12月5日(木)~2014年5月31日(土)に発生したクリックです。
キャンペーンのお申込みはこちらのページをご覧ください!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/05/30 20:15 https://markezine.jp/article/detail/19390