SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2013年、米国のインターネット広告収益が初めてテレビ放送を抜く【IAB調査】

 米IAB(Interactive Advertising Bureau)はPwCとともに2013年のインターネット広告についての調査を行い、"IAB internet advertising revenue report"として発表した。2013年のインターネット広告収益は、前年比17%増の428億ドルで過去最高となり、ブロードキャストテレビ(401億ドル)をはじめて超えた。

 以下のグラフを見るとわかるように、テレビはブロードキャストテレビとケーブルテレビの2つのカテゴリがあり、今回インターネット広告が上回ったのはブロードキャストテレビのみ。

2013年メディア別の広告収益マーケットシェア(単位10億ドル)
2013年メディア別の広告収益マーケットシェア(単位10億ドル)
※ブロードキャストテレビは、ネットワーク、シンジケーション、テレビスポット広告収益を含む。
※ケーブルテレビは、全国ケーブルネットワークとローカルケーブルネットワークの広告収益を含む。

 インターネット広告の内訳をみると、モバイルが大きく成長し、前年の34億ドルから110%増の71億ドル。これによってインターネット広告収益に占めるモバイルのシェアは前年の9%から17%になった。

2012年と2013年の広告フォーマット別シェア
2012年と2013年の広告フォーマット別シェア

 また、デジタルビデオは2012年の23億ドルから、2013年に28億ドルに増加し、モバイルに次いで4番目の大きなシェアを占める広告フォーマットとなっている。

【関連記事】
SNSからのリファラーの“質”調査――最も優秀なのはYouTube
スマホでの動画視聴経験8割超、1日平均34分
Vineに新機能「Vineメッセージ」追加
ツイートがきっかけで「テレビ番組を観たことがある」が約8割――米調査
NHKと民放5局、テレビ番組情報を完全網羅したアプリ「ハミテレ」リリース
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/04/17 15:40 https://markezine.jp/article/detail/19757

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング