SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本のメディア利用に関する成熟度は発展途上【デジタルメディア利用実態グローバル調査2014】

 有限責任監査法人トーマツとデロイトトーマツコンサルティングのTMT(Technology, Media & Telecommunications)グループは、日本および世界8か国約1.8万人のメディア利用動向を比較分析し、「デジタルメディア利用実態グローバル調査2014(Digital DemocracySurvey)」として結果をまとめた。レポート内で日本については、メディア利用に関して成熟度は発展途上にあり、今後の成長が期待されると結論付けられている。

日本のスマホ普及率50%超えるも、総合的な所有率低い

 スマホ普及が5割を超えた日本だが、複合的な端末所有率の観点では、他国に比べると未だ割合は低いと言える。特に、タブレット・ノートPCとの複合保有が17%に留まり、欧米の半分以下程度と低調。スマートフォン・タブレット・ラップトップを全て保有し、目的や環境により使い分けを行う消費者層の割合は、調査国8か国中最も少なく、各国との乖離が大きい。

スマートフォン・タブレット・ラップトップの複数所有率
スマートフォン・タブレット・ラップトップの複数所有率

 また、スマートフォンやタブレットの用途をみると天気・検索・カメラ、SNS利用、ナビ(地図)が上位にある。一方で他国に比べバンキングや読書、ストリーミングなどが上位に上がらない傾向があった。

ニュース取得方法、最多は各国ともにテレビ

 ニュースを取得するためのメディアとして、テレビを上げる割合は各国とも多く、次点はどの国でもネット(ポータル、電子版の新聞、SNS)となっている。日本では27%がポータルを取得方法として挙げており、これは各国で最大の割合。一方で新聞の電子版を挙げる割合は各国で最低の4%となった。これは、日本では紙の新聞を取得方法として挙げる割合が他国に比べて、大きいことが要因として考えられる。ただし、紙と電子を合計しても新聞を上回るポータルサイトの影響力は、大きいと言える。

ニュースを知るために使用する手段(左)、日本における年代別比較(右)
ニュースを知るために使用する手段(左)、日本における年代別比較(右)

日本のゲーム利用頻度は比較的低い、PC向けゲームの利用低いためか

 ゲーム利用頻度について、日本は高頻度での利用(日次/週次)と回答した割合が最も低い結果となった。オンラインゲームの利用頻度が高い国ほど、頻度が高くなっている傾向が見え、相関関係が見出せる。また、日本ではゲーム専用機の利用が高く、タブレット等の利用が低いといった傾向も見られた。

ゲームをする頻度(左)、オン/オフラインでの割合(右)
ゲームをする頻度(左)、オン/オフラインでの割合(右)

日本のSNS投稿頻度は低く、情報取得目的の意識が高い傾向

 日本のSNS利用率は5割程度(49%)となったが、投稿頻度について毎日投稿する人の割合はアメリカ53%に対して、日本では1/4未満の13%にとどまった。また、日本のSNS利用の特徴として、利用目的に友人・家族の状況を知ることのほか、最新のニュースを知るためと答える割合が多いことが挙げられる。

SNSの投稿頻度(左)、日本における年代別比較(右)
SNSの投稿頻度(左)、日本における年代別比較(右)

購買決定に影響力のあるメディア、2位にテレビ広告入るも「ながら見」定着化

 購買決定における影響力について、いずれの国も「家族、友人、知人からの推薦」が1位、中国以外は「テレビ広告」が2位となった。一方で、テレビについては「ながら視聴」が一般化しており、番組および広告への注意力が低下の懸念がある。また日本では、オンラインにおいて、仲間内からの推薦よりも製品・サービスユーザー等のレビューの影響が強いことが特徴的。

購買決定における影響力順位(上)、テレビ番組を見ながら他の活動をするか(左下)、テレビ番組を見ながら何をするか(右下 ※日本のみ、複数回答)

購買決定における影響力順位(上)
テレビ番組を見ながら他の活動をするか(左下)、テレビ番組を見ながら何をするか(右下 ※日本のみ、複数回答)

【調査概要】
調査期間:2014年2月~2014年4月
調査人数:14歳以上の消費者8か国17,699人(うち、日本は2,150人)
調査方法:オンラインアンケート

【関連記事】
ティファニーら4ブランドがモバイル対応で最高評価【IABのファッションブランド調査】
TVCM×インストリーム動画広告、TVCM単体より興味関心など高くなる傾向【博報堂DYM調査】
20代では約5割がネットショッピングをスマホから利用【生活トレンド研究所調査】
旅行予約サービス、スマホからの利用者増も利用時間はPCが2倍以上【ニールセン調査】
人間の顔が入っている広告は177%コンバージョン率が高い【保険の広告に関する調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング