SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、消費者行動のシングルソースデータベース構築~メディア接触・購買行動・生活意識の統合分析を実現

 電通は、インテージが提供する消費者パネルデータを活用し、メディア接触・購買行動・生活意識を大規模かつシングルソース(同一の調査対象者)で統合分析できるデータベース環境「d-holistics」を構築した。同データベースは、インテージが保有する消費者パネル(SCI/i-SSP)を対象に、クロスメディアによる「メディア接触調査」を実施し、同一個人の購買行動データとテレビ接触、ウェブ/モバイル接触、意識・価値観関連のデータを紐づけするというもの。そのため、各施策の到達状況から購買までの関係を統合的に分析することができる。

 従来、分析や効果検証(PDCA)は、個々ばらばらのデータや手法によって行われていたが、今回構築した「d-holistics」では、ターゲットプロファイリング、コミュニケーションプランニング、メディアプランニング、キャンペーンマネジメントなどにおける分析や効果検証が一気通貫で行えるようになる。そのため、これまでにはなかった統合型のマーケティングソリューションを提供することが可能。

 今後、電通は「d-holistics」を含むソリューションを活用し、顧客企業の統合的なマーケティング活動を支援してゆく。

【関連記事】
インテージ、ブランドとメディアのつながりを捉える分析サービス提供へ
オールアバウトとロックオン、閲覧者の「愛着心」や「思い入れ」を可視化する分析を開始
SessionM、オフライン購買データを活用してモバイル広告のターゲティングを強化
マクロミル、オンライン行動ログデータ×アンケートで態度変容も計測する「AccessMill」提供
オフライン行動に対するWebサイトの貢献度を定量化!IMJの「O2O貢献度分析サービス」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング