SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グリー、KDDIとスマホ向けゲームのパブリッシング事業で業務提携へ

 グリーとKDDIは、auスマートパス、Google Play、App Storeなどの日本国内のアプリマーケットへゲームを提供するパブリッシング事業を共同で行うための業務提携に合意した。両社は、国内および海外のゲーム開発会社の日本市場における事業展開を支援し、スマートフォンユーザーに対して、良質なゲームタイトルを提供していく。第一弾として、トライフォートが開発するゲームタイトルを今冬リリースする予定。

 グリーは、これまで日本、北米、韓国のスタジオでゲームタイトルを開発し、多数のゲームが各国のGoogle Play、App Storeのランキング上位にランクインしてきた。本業務提携においては、これまでのノウハウや国内および海外のゲーム開発会社とのネットワークを生かし、ゲーム開発会社に対してマーケティング、プロモーション、コンサルティング、日本市場向けローカライズなどの支援をしていく。また、今後は国内のゲーム開発会社が海外市場に進出する際の支援も行う予定。KDDIは、利用者数が1,100万人を超えるauスマートパスの顧客基盤を活用し、ゲーム・パブリッシングに必要なプロモーションや、ゲームの開発費などの支援を行う。

【関連記事】
グループス、スマートフォンゲーム事業戦略を発表~ネイティブアプリ市場へ本格参入
グリーと千葉大学教育学部、ゲームと学びに関する授業を共同で実施
ガイアックス、ソーシャルゲームに特化した「アクティブサポートサービス」の提供を開始
CyberZ、スマホゲームプレイ動画共有サービス「OPENREC」リリース
VOYAGE GROUPがSYNC GAMESと合弁会社を設立、ゲームパブリッシング事業開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/10/21 17:30 https://markezine.jp/article/detail/21146

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング