SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ACCESS、ビーコン機器1万個を無償提供

 ACCESSは、Beaconを用いた位置連動型コンテンツ配信サービスプラットフォーム「ACCESS Beacon Framework(ABF)」をベースにしたエコシステムの構築を目指し、首都圏で商業施設などを運営し、エコシステム構築に賛同する事業者を募集し、「ABF」のBeacon機器を無償で提供する(合計で1万個)。希望する事業者は、キャンペーンページから申し込む。応募期間は、2014年12月9日から2015年1月31日まで。

 ACCESSは、スマートフォンアプリベンダーとも協議を進めており、「ABF」のBeacon機器を順次配布し、来春から情報配信の実証実験をスタート。アプリを利用するユーザーにとって有益な情報提供を行うための効果測定とデータ収集を行った後、本格展開する。

 今回、無償配布するBeaconを活用し、データの取得と情報の配信を行なうとともに、自社のO2Oサービスのツールとして自社のアプリに自社のプロモーション等の情報を配信することも可能となっており、アプリに組み込む「ABF SDK」とテスト配信も無償で提供する。

【関連記事】
ポカリ×ランニングファン、シンガポールでBeaconを使ったO2Oプロモーションを実施
JAL×DNP、i Beaconを活用した搭乗便情報提供を目指した実証実験
ゼンリンとタグキャスト、ジオフェンシングとBeacon活用したO2O実証実験を埼玉県飯能市で実施
渋谷マークシティでiBeaconを活用したデジタルスタンプの試験運用がスタート
iBeaconを活用して施設内の顧客導線を解析!名古屋PARCOで顧客導線調査を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/12/18 18:00 https://markezine.jp/article/detail/21642

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング