SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

統括編集長インタビュー

Yahoo!ニュース トピックスが13文字である理由

いまや、日本で最も影響力のあるメディアへと成長したYahoo! JAPAN。月間45億ページビューを超えるトップページの中で一際目立つ存在が「ヤフートピックス」だ。膨大なページビューを操るヤフートピックスの編集者たちは、どのような編集スタイルで読者と向き合っているのだろうか、話を聞いてきた。

今回ご登場をいただいたのは…

ヤフー株式会社 メディア事業部 編集部 奥村倫弘(おくむらみちひろ)氏
1969年生まれ、大阪府出身。92年、同志社大学文学部卒業。同年、読売新聞大阪本社入社。福井支局、奈良支局、大阪経済部を経て、98年、ヤフーに入社。以来、Yahoo!ニュースのトピックスを担当 
ヤフー株式会社 メディア事業部 編集部 酒井法子(さかいのりこ)氏
1972年生まれ、栃木県出身。95年、立教大学社会学部卒業。同年、プログラマーとしてオービック入社。96年、出身地の下野新聞社に転職。警察、行政担当などを経て、04年、トピックス編集としてヤフー入社。

最も影響力のある編集者たち ヤフー編集部に突撃

──はじめに、日々の業務内容を教えてください。

 これは!と思うニュースをピックアップして、そのニュースに関連したコンテンツを見つけて、ページを作る、その繰り返しです。編集部は2つに別れていて、私たちは通常の会社でいうマネージャーの役割をしています。新聞社のようなデスク的な役割ではなく、全体のマネジメントが中心です。

左が酒井氏、右が奥村氏。二人で、トピックスのスタッフをまとめている。

 現状、80社程度の情報提供元さんがいらっしゃって、毎日2500~3000本ぐらいの記事が送られてきます。基本的には、世の中の関心の高いものをピックアップしていくということをがまず第一にあって、インターネットならではのやり方を心がけています。例えば、リンクを活用することで、記事だけではなくその記事の内容がより深くわかるような紹介をするなどですね。

 地方紙などはその地域でしか今まで読めなかったと思いますが、トピックスに掲載することで、全国の人に届くようになりで、全国の人に届くようになり、小さなニュースが意外なムーブメントを起こすこともあります。そういう点は紙媒体との大きな違いだと思います。

「読ませる」より「見せる」という意識

 ──Yahoo! JAPANのトップページを見たとき、まずは「トピックス」に注目する人が多いと思います。トピックスの文字数は決まっているのですか?

 もともとは、サイトの構成上11文字でスタートしていたのですが、11文字だと見出しをつけるのがなかなか難しくて(笑)。その2文字の差が結構大きいんです。

 その後もいろいろ改良しまして、現在は13文字で統一しています。ネット媒体の場合、文字を読ませるというのは、結構大変な作業だと思います。サイトの性格にもよると思いますが、トピックスの場合は、文字を「読ませる」というよりは、文字を「読ませる」というよりは、「見せる」という意識でやっています。空間的な制約もありますが、短時間で情報を咀嚼しようとしたときに、一目でわかるということの方がネット媒体の場合は大切ではないでしょうか。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ストイックな姿勢を心がける

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
統括編集長インタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

押久保 剛(編集部)(オシクボ タケシ)

メディア部門 メディア編集部 部長/統括編集長1978年生まれ。立教大学社会学部社会学科を卒業後、2002年に翔泳社へ入社。広告営業、書籍編集・制作を経て、『MarkeZine(マーケジン)』の立ち上げに参画。2006年5月のサイトオープン以降、MarkeZineの企画・運営を一貫して担当。2011...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング