SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2015 Spring(PR)

One to Oneマーケティングで顧客ロイヤリティを向上!マーケティングオートメーション導入事例

マーケティングオートメーションの効果

 One to Oneマーケティングを自動化するためには、データを蓄積し、それを予測と可視化および運用・実行へとつなぎ、コミュニケーション手段を設定、作成する必要がある。

 ブレインパッドでは自社サービスだけでなく、それぞれの分野で様々なパートナーと連携しながら、ワンストップサービスでのソリューションとして提供しているという。

 その実例として、まずマーケティングオートメーション「Probance Hyper Makeritng」を用いた「ECサイトA社」の例が紹介された。様々なステイタスのユーザーにメールにてECサイトへの再訪問を促すというシンプルなものながら、「カート放置」フォローキャンペーンでは売上全体に対して1.75%の効果が得られた。

 その際2回のメールで、CVRが1回目10%、2回目6%となり、通常のメールが0.5%であることに鑑みると10~20倍となっており、かなり効果的といえるだろう。さらに「閲覧後放置」フォローにおいてはCVR3~4%と低めであるが、数が多いことから売上の7.8%を占めるほどの効果が得られたという。

 二例目はメディア企業「B社」で、プライベートDMP+マーケティングオートメーション+BIが用いられている。

 かつては会員のオンライン、オフラインデータが一元化されておらず、会員に対してほぼ同じ施策を実施し、広告主は「応募者の基礎情報」しか与えられていなかったものの、One to One施策が可能になったことで、ユーザーの嗜好や個々の行動情報に応じた情報提供がメール及びサイトにて可能になり、それぞれのチャネルで提供される情報が連動できるようになった。また、広告主にも「パーソナライズレポート」としてきめ細やかに提供できるようになったという。これによりユーザーの利便性ばかりでなく、広告主に対する媒体価値向上にもつながった。

講演資料のダウンロードはこちらから

次のページ
POSデータを会員に紐づけたすかいらーくの事例

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2015 Spring連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウマミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの製作などを経て独立。ビジネス系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/06/04 11:00 https://markezine.jp/article/detail/22275

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング