SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

オラクルにネメルカ氏参画、強力なグローバル連携と日本市場へのフォローでマーケティング・クラウド加速

 オラクルは、国を横断したグローバルチームで「Oracle Marketing Cloud」のマーケティングを展開し、着実に実績を重ねている。さらに、日本のマーケティングクラウド統括本部長に、デジタル業界に知見の厚いトニー・ネメルカ氏が就任。日本市場を重視する姿勢を印象づけた。日本市場でどのように勢いを増していくのか、ビジョンを聞いた。

日本市場のニーズを製品へ反映してきた経験活かす

押久保:日本のマーケティングオートメーション領域では、2014年に始まったプレーヤーの参入がひとまず落ち着き、現在は各社が強みを打ち出しながら市場が拡大するフェーズを迎えています。

そんな折、デジタル業界において屈指の経験をお持ちのトニー・ネメルカ(ネメルカ・トニー)さんがオラクルに参画され、日本市場に一層の力を入れていく印象を与えました。今回はネメルカさんと、日本でのポストセールスを担う大山さんを迎えて、日本市場における今後の戦略をうかがいます。

 

日本オラクル株式会社 専務執行役員 マーケティングクラウド統括本部長 ネメルカ・トニー(ネメルカ・トニー)氏(中央)、同社 クラウド・アプリケーション事業統括 オラクルマーケティングクラウド本部コンサルティング&エデュケーションサービス シニアディレクター 大山忍氏(左)、MarkeZine編集長 押久保剛(右)
日本オラクル株式会社 専務執行役員
マーケティングクラウド統括本部長 ネメルカ・トニー(トニー・ネメルカ)氏(中央)
同社 クラウド・アプリケーション事業統括 オラクルマーケティングクラウド本部
コンサルティング&エデュケーションサービス シニアディレクター 大山忍氏(左)
MarkeZine編集長 押久保剛(右)

押久保:まずは、ネメルカさんのご経歴を教えていただけますか?

ネメルカ:私のキャリアは、米ロサンゼルスのIBMで営業現場からスタートしました。有数の日本企業を担当し、日本の企業や業界関係者とのネットワークを築けたと思います。その後は日本、米シリコンバレーと拠点を移しながら、IT企業の日本支社長を務めたり、複数のベンチャー企業を立ち上げたりしました。直近ではマルケトの日本市場参入をサポートしました。一貫して、日本のニーズを吸い上げ製品やサービスに反映させる、日本市場へのローカライゼーションに携わっています。

 改めて日本に拠点を移そうとしていた矢先、米オラクルのジェネラルマネージャー(以下、GM)から誘いを受けて2015年4月中旬に、米オラクルに入社しました。

押久保:オラクルへ参画された決め手は、何だったのでしょうか?

ネメルカ:デジタルマーケティングに真摯に取り組んでいくという、経営陣を筆頭にしたエグゼクティブレベルのコミットメントとその姿勢、そしてそのレベルが世界屈指であることですね。日本のニーズを把握するという私の得意分野が活かせると思いました。加えて、オラクルは長きにわたり日本市場に高品質な製品を提供しています。それだけで十分魅力的でした。

本国経営層との連携強化、日本でのマーケティングが加速

押久保:ネメルカさんのポジションは、日本オラクルのマーケティングクラウド統括本部長となっています。日本市場のポストセールスを担う大山さんの上司にあたるのでしょうか?

大山:正確には、上司の一人です。以前お話ししたように、Oracle Marketing Cloud(以下OMC)のチームはグローバルで動いています(※編集部:OMCの体制についてはこちらの記事で紹介しています)。そのため、営業やマーケティング、コンサルティングなど機能別に国を越えた報告・評価の経路があります。ただ、彼の役割はOMCチームの日本での各機能をとりまとめ、グローバルの戦略を日本の戦略に落とし込んだうえで、きちんと日本のお客様に向き合うチームとして連携稼動できるようにすることなので、その点では私たちの実質的なボスですね。本社の者は、彼を日本の“ゴッドファーザー”と呼んでいます(笑)。

押久保:なるほど(笑)。ちなみにネメルカさんの参画を聞いて、大山さんはどのような印象を持ちましたか?

大山:彼の経験と手腕は知っていたので、参画には納得でしたし、スピードが速い中でも安定的なビジネスの成長が見込めると思いましたね。組織上、彼は米国本社のOMCのGMへ直接レポートし、米オラクル社長とも非常に近い立場にいます。今まではAPAC全体でマーケティングクラウドが統括されていましたが、彼が日本のマーケティングクラウド統括本部長に就いたことで、より日本独自の課題やニーズが経営層へ届きやすくなる。その点で、日本のビジネスがより一層強力に進んでいくと感じました。

Oracle Marketing Cloudのグローバルイベント「Modern Marketing Tour」
ついに日本初上陸!

 業界問わずデジタルマーケターが知っておきたいモデルを先駆けて紹介。まだ見たことのないモダン・マーケティングをこの機会にぜひ!

 日時:2015年8月20日(木)12:30~18:00
 場所:コンラッド東京(汐留)
 詳細&ご登録はこちらから

お役立ち資料もご用意しました!

 ・「なぜモダン・マーケティング手法を取り入れる必要があるのか」-Forrester Consulting
 ・「ツールが溢れ、役割も増える中、マーケターに変化が訪れている。」
 ・ Oracle Marketing Cloudについて
 お問い合わせはこちら

開発から意思決定まで、非常に速いスピードが強み

押久保:オラクルに参画されて、チーム体制やスピード感についてはどのような感想をお持ちですか?

ネメルカ:企業の規模が大きければ、常に課題はあります。しかしその上で、オラクルは市場でのリーダー性に優れていますし、ニーズをしっかりと理解して俊敏に動く体制も整っていると思います。本当に、普通の会社なら2年3年とかかりそうなことを、数か月で達成しています。そのスピード感には感銘を受けるほどです。

 OMCはグローバルチームですが、だからといって日本の個別ニーズに対応できていないわけではありません。グローバルで連携してブラッシュアップする一方で、しっかりローカルを見てビジネスを推進できるように、私もサポートしていくつもりです。

押久保:大山さんも、やはり、スピードは速いと感じますか?

大山:そうですね。プロダクトの開発に対する圧倒的な投資額と、それに比例する非常に速いスピードでの製品化に驚かされることがしばしばあります。例えば、つい最近に買収した製品の特長的な一部機能が、数か月後には別の製品で連携されてユーザーインターフェースから使えるようになっている、というようなことが珍しくありません。目に見えないインフラ部分でも、買収した製品のデータベースを、オラクルの主力製品であり業界トップクラスの品質を誇るデータベースへ変更する等、まるでフェラーリのエンジンが搭載されるように着々と改善が進んでいます。一方で、買収後も製品の持つイノベーションは失わずに製品開発が進められていると実感しています。

 さらに実感することは、経営層の意思決定の速さですね。先日も、日本オラクルは、「Oracle Cloud」、特にSaaS(Software as a Service)の営業・顧客サポートなどの人材を新たに200名の規模で採用すると発表しましたが、日本市場へコミットし判断を下すまでのスピードには、現場の私たちも驚きました。

日本のイノベーションを吸い上げ、さらに価値ある製品へ

押久保:ネメルカさんはこれまでのご経験から、日本の企業や市場をよく理解されていると思います。日本オラクルならではの顧客への向き合い方、こだわりなどはどう感じているのでしょうか?

ネメルカ:そうですね、日本オラクルは外資系企業でありながら、日本の企業のプラットフォームとして機能することに強いこだわりがあると思います。上場企業であることも大きいと思いますが、グローバルで開発されたソリューションをただ単純にどう販売するか、という発想はありません。

 IT企業として、市場に安定的に高性能の製品を供給し続けるためには何をすべきなのか。日本オラクルの答えは、各企業と当社がパートナーとして一緒に成果を上げていこう、そこから得た知見を製品に反映しようという心意気にあると思います。

押久保:単にニーズを満たす製品を提供するだけではない、と。

ネメルカ:ええ。デジタル領域では、とかく日本は海外に遅れをとっていると言われていますが、私は日本にもたくさんのイノベーションがあると考えています。課題やニーズだけでなく、そうしたイノベーションを捉えて米国本社へ戻し、日本のクライアントに対応しながらグローバルでも価値ある製品へと進化させていくことが私の使命だと思っています。

Oracle Marketing Cloudのグローバルイベント「Modern Marketing Tour」
ついに日本初上陸!

 業界問わずデジタルマーケターが知っておきたいモデルを先駆けて紹介。まだ見たことのないモダン・マーケティングをこの機会にぜひ!

 日時:2015年8月20日(木)12:30~18:00
 場所:コンラッド東京(汐留)
 詳細&ご登録はこちらから

お役立ち資料もご用意しました!

 ・「なぜモダン・マーケティング手法を取り入れる必要があるのか」-Forrester Consulting
 ・「ツールが溢れ、役割も増える中、マーケターに変化が訪れている。」
 ・ Oracle Marketing Cloudについて
 お問い合わせはこちら

「オラクル製品の設計思想を通して、自社の課題に気付いた」

大山:この考えには、私も学ぶところがありました。これまで、サービスの品質に対して期待値の高い日本のクライアントが満足できる製品なら、それはグローバルスタンダードになるだろうという感覚はあったのですが、イノベーティブの部分でも私たちは貢献できるんだと。日本市場とグローバルでの開発が双方向になるという考えがあるのだと気付かされました。OMCにおいては彼がそのリーダーとして牽引していくので、近い将来、これは確実に実行されると思っています。

押久保:考えてみれば、デジタル領域のあらゆる部分で日本が遅れているかというと、そうでもないですよね。使う側のリテラシーによるといいますか。

大山:そうですね。日本ではBtoB事業だとマーケティング機能が営業推進に含まれるなど、ビジネスカルチャーや細かい商習慣の違いがあります。そのあたりを製品レベルで、また現場の知見でフォローしていく必要はあると思います。

 一方で、クライアントから「オラクルマーケティングクラウド製品の設計思想を理解することで、自社の組織上の課題に気付いた」と聞くこともあります。特にマーケティングオートメーション領域に関しては、10年も前から北米を中心に培ってきたビジネスの知見による設計思想があり、成功事例も蓄積しています。日本ではまだスタートして1年なので、それらの導入は時間との戦いですね。

 ビジネス運用上でのノウハウの部分はコンサルを中心にサービスでフォローしながら、製品については先ほど彼が話したように、日本でのイノベーションがいずれグローバルの製品の価値をも押し上げると考えています。

実績を積み重ね、2020年までにクラウドNo.1企業へ

押久保:この1年で、マーケティングオートメーション領域のプレーヤーが続々と登場しました。競合については、どう考えられていますか?

ネメルカ:互いに成果を上げることで、市場が拡大し、業界自体の前進につながればと考えています。その中で私たちオラクルは独自性を磨き、実績を積み重ねていくつもりです。

 実際、私たちは非常に先端を走っていると思っています。デジタル広告やDMPの経験値もある。アドテクとマーケティング・テクノロジーを融合させたソリューションを提供できることが、私たちの独自の大きな強みでしょう。

押久保:今後、狙っていく業界などはありますか?

ネメルカ:OMCはBtoB、BtoCの両方に対応できるので、エンタープライズのレベルは総合的にカバーできると思っています。特定の業界を想定してはいませんが、今後どこに可能性が出てくるかを見極めることは大事ですし、その業界を成功に導くために何をすべきかを考えていきたいですね。

押久保:では最後に、今後のビジョンをお聞かせいただけますか。

ネメルカ:日本オラクルでは2020年までに、“クラウドNo.1カンパニー”になることを掲げています。それに向けて、クライアントの成果向上に必要な要素を確実に提供できる基盤を固めるのが今年の目標です。

 当社の成功とは、クライアントのビジネスが成功することです。ですから、ツールを導入して終わりではなく、1社1社のビジネスに向き合い、パートナーとしてしっかりと成果を提供していきたいと思います。

Oracle Marketing Cloudのグローバルイベント「Modern Marketing Tour」
ついに日本初上陸!

 業界問わずデジタルマーケターが知っておきたいモデルを先駆けて紹介。まだ見たことのないモダン・マーケティングをこの機会にぜひ!

 日時:2015年8月20日(木)12:30~18:00
 場所:コンラッド東京(汐留)
 詳細&ご登録はこちらから

お役立ち資料もご用意しました!

 ・「なぜモダン・マーケティング手法を取り入れる必要があるのか」-Forrester Consulting
 ・「ツールが溢れ、役割も増える中、マーケターに変化が訪れている。」
 ・ Oracle Marketing Cloudについて
 お問い合わせはこちら

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

押久保 剛(編集部)(オシクボ タケシ)

メディア部門 メディア編集部 部長/統括編集長1978年生まれ。立教大学社会学部社会学科を卒業後、2002年に翔泳社へ入社。広告営業、書籍編集・制作を経て、『MarkeZine(マーケジン)』の立ち上げに参画。2006年5月のサイトオープン以降、MarkeZineの企画・運営を一貫して担当。2011...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/07/31 12:00 https://markezine.jp/article/detail/22806