SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

国内EC売上TOP500サイトでリターゲティングメールを導入しているのはわずか7%【ナビプラス調べ】

 ナビプラスは、リターゲティングメールの普及状況についての独自調査を行った。調査結果は日本ネット経済新聞社公表のデータを元に選出した通販EC売上上位500サイト(2015年夏)に対し、メール会員登録を行った上でサイトに訪問。買い物カゴに商品を入れた上でサイトを離脱し、その後届いたメールの「件名」「内容」「配信タイミング」などから、どのような目的のメールをどのような意図で配信しているのかを分析したもの。

国内ではまだまだ低いリターゲティングメールの普及率

 「カートに入れていた商品」の再訴求など、従来のメルマガとは異なるアプローチでリターゲティングメール(カート放棄メール)を配信していたECサイトは、500サイトのうち34サイト。リターゲティングメールを導入しているのは全体の約7%にすぎなかった。

リターゲティングメールの普及率
リターゲティングメールの普及率

リターゲティングメールの目的は商品の再訴求する内容が多数を占める

 リターゲティングメールの件名を見ると、「買い忘れの商品ありませんか?」「カートに残っている商品あります」など、実際にカートに入れられている商品の再訴求を目的としたメール件名が23件(63.8%)と多数を占めていた。

どのようなメール件名としているか
どのようなメール件名としているか

【調査概要】
調査対象:2015年夏通販EC売上上位500サイト(参照:日本ネット経済新聞社公表)
調査期間:2015年8月1~31日

【関連記事】
トランスコスモス、ダイナミックリターゲティング広告を提供するビズリー社と販売代理店契約を締結
日本国内のリターゲティング広告は拡大傾向も、 知識・分析面では欧米に遅れ【AdRoll白書】
CA、スマートフォンにてアプリとウェブを横断したリターゲティング広告の配信を実現
TAGGY、リターゲティング広告の配信最適化に特化した「おもてなしDSP」リリース
フィードフォース、Facebookのフィードに動的リターゲティング広告を配信する新サービスをリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/10/16 11:00 https://markezine.jp/article/detail/23256

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング