SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYグループ、アクチュアルデータ起点にしたオウンドメディアのコンテンツ開発ソリューション提供

 博報堂DYグループ・次世代オウンドメディア・マーケティングセンターは、アイレップと共同で、アクチュアルデータを起点にしたオウンドメディアのコンテンツ開発ソリューション「HACC(ハック:HakuhodoDY Actual-data Content Creator)」の提供を開始した。

「HACC」のサービスラインナップ
「HACC」のサービスラインナップ

 同ソリューションは、企業の課題を解決するためにWEB検索データなどのアクチュアルデータを独自に解析することで、生活者のニーズや関心を堀出し、オウンドメディアのオリジナル・コンテンツを設計・制作するもの。さらに、オウンドメディアで蓄積されたデータ分析や、分析結果の他のマーケティング施策への有効活用まで、一連のサービスを提供する。

 なお、「HACC」の提供にあたっては、博報堂DYグループ各社のリソースを活用、一体となって取り組む体制を構築している。

【関連記事】
スタイラーのオウンドメディア「STYLER MAG」とパルコのWebマガジン「ACROSS」が連携
課題は「コンテンツの継続性」と「集客・リーチ」【オウンドメディア活用実態調査2015】
ドレスクリエイト、オウンドメディア支援するプラットフォーム「Tent」リリース
サイバーエージェント、簡単にオウンドメディアをつくれる「Ameba Ownd」リリース
アイレップ、オウンドメディア向け運用型SEO「コンテンツオプティマイザー」提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/11/06 08:30 https://markezine.jp/article/detail/23395

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング