SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

プレイド、LINEやプッシュ通知での接客を可能にする「KARTE TALK」リリース

 プレイドは、同社提供のウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」の新機能として、サイト内だけでなくサイト外の顧客とのコミュニケーションを可能にする「KARTE TALK(カルテトーク)」の提供を3月17日より開始した。

 「KARTE」は、来訪者の特徴や⾏動をリアルタイムに解析し可視化することができ、個々の来訪者にあわせたメッセージ配信などを可能にするサービス。これまで、同サービスではウェブサイト上に表示する「ポップアップメッセージ」を唯一の接客手段として提供してきたが、新たに「KARTE TALK」として拡充した。

 「KARTE TALK」では、2015年5月にリリースした「KARTE」上からLINEへのコミュニケーションを可能にする「CLINE by KARTE」に加え、ウェブサイト上のチャットやメール、Facebook通知など6つのコミュニケーションに関するプラグインを提供する。

 これにより、メールやプッシュ通知などを利用したサイト外の顧客とのコミュニケーション手段が豊富になる。また、これらの異なるコミュニケーションを1つのタイムラインで一元管理することができ、より円滑なコミュニケーションが実現可能だ。

 また、事前に許可を得た来訪者を特徴で絞り込んだうえでコミュニケーション手段を選択し、入力したメッセージをすぐに一括送信できるほか、一人単位でメッセージを送信することも可能だ。

【関連記事】
KARTE、シルバーエッグ社のレコメンドサービスと連携開始~UNITED ARROWSのECで採用
CCI、LINE ビジネスコネクトに対応したカスタマーサポート支援ツールをリリース
プレイド、ウェブ接客プラットフォー ム「KARTE」の提供を開始~各来訪者に最適なおもてなし実現
LINE、ニュース事業における5つの新たな取り組みを発表
LINE LIVE、延べ視聴者数の累計が1億人を突破

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/03/22 08:30 https://markezine.jp/article/detail/24134

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング