SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

資生堂、20代をターゲットに企業文化誌「花椿」を全面リニューアル

 資生堂は、企業文化誌「花椿」のWEB版を全面的にリニューアルし、6月1日にオープンした。内容も形態も一新した「花椿」は、「時を経ても色あせない本質的なモノやコトを見つけ出す」をコンセプトに、アート、ファッション、ビューティーを中心とした6つのコンテンツをスタート。今後、順次コンテンツを加えていく。

新「花椿」のコンテンツ
新「花椿」のコンテンツ

 なお、WEBと連動し、2016年秋に「季節の贈り物」として季刊誌を刊行予定。季刊誌では、より本質的なテーマを掘り下げるとともに、WEBで掲載されたコンテンツとも連動するクロスメディア化を図る。また、SNSとも連動し、読者との双方向コミュニケーションも予定。

 資生堂は、2020年までの中長期戦略「VISION 2020」で若い世代へのアプローチを重視している。今回のリニューアルも一環。「花椿」は、1937年創刊。その前身「資生堂月報」を含むと、90年以上にわたって刊行を続けてきた。昨今のデジタル化に伴い、2011年にはWEB版の配信をスタートさせ、新たな読者の獲得を目指してきたが、今回のリニューアルでメインターゲットである20代読者と親和性の高いWEB版に軸足を移すことによって、新たな読者層との出会いを広げていく。

【関連記事】
資生堂、メーキャップのコツや裏ワザを共有できるアプリ「misette」をリリース
ディープラーニング活用して性格分析! 資生堂、「uno SOCIAL BARBER」を公開
オイシックス、ブランドロゴをリニューアル!
ポータルサイト「goo」のトップページがリニューアル~コンテンツのパーソナライズ可能に
『VOGUE JAPAN』が動画コンテンツをリニューアル、2015年末までに1,300本公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/06/06 08:00 https://markezine.jp/article/detail/24522

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング