SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Yahoo!広告活用の今を追う(PR)

進化したYDNサーチターゲティングの活用で、“リタゲ偏重からの脱却”図る

スポンサードサーチとの併用で効果を高める

MZ:運用について、たとえばどのようにCPAを下げるお考えですか?

波田:たとえばビッグワードでも、効率の良し悪しやインプレッションの大小などの実績が分かるので、さらにリストを分けたりその中で有効期間を切ったりしていくことで、より確度の高いユーザー層を検出していきます。

 以前、サーチキーワードからユーザーの深度を想定して、クリエイティブを出し分けてみたことがあります。結局クリエイティブの工数対効果が見合うかになってきますが、一度試してみたいですね。

MZ:スポンサードサーチとの併用は、実践してみていかがでしたか?

波田:もともとスポンサードサーチで獲得があったキーワードをサーチターゲティングでのキーワード選定基準に反映しているので、そこは随時追加しています。サイトリターゲティングを配信するユーザーはサーチターゲティングでは除外して、重複しないようにしているので、低コストでリーチを補完して、結果的に拡大できていると思います。

 サーチターゲティングで効果の高いキーワードの傾向は、スポンサードサーチの実績の傾向と似ていたりするので、今後はその実績も参考にしていきます。

MZ:今回の活用ノウハウは、業種に関わらず横展開できそうでしょうか?

大矢:もちろん応用可能です。ただ、たとえば検討期間が長い不動産や自動車だと、有効期間が短いほど効果が高いともいえないかもしれません。また「検索キーワードが示すニーズの変化」にもある通り、心境に合わせユーザーの検索ワードには変化が現れます。そのプロセスも分析した上でキーワード選定できると理想的ですね。

導入を進め、広告主へ還元

MZ:そこまでできると、業種によるパターン化や広告主ごとの最適化も進みそうですね。では最後に、それぞれのお立場で今後の展望をお聞かせください。

波田:前述のサイトリターゲティング偏重のケースは少なくないので、今後はさらなる横展開を推進していきます。

 また、検索連動型広告はどうしてもユーザーが絞られるので、効果が出やすい事例でサーチターゲティングとの相乗効果を検証しながら、ノウハウを蓄積したいです。

 ヤフー様への期待としてですが、現状の広告アカウント構造を維持したまま細かな入札差配を自動で行うような機能があれば、広告主への導入もさらに進むと思っています。

 他にも、ユーザーの重複を完全に除外できるとありがたいです。現状は機能上、7日以内に検索したユーザー層に1日以内に検索したユーザー層も含まれてしまうので、これを完全に1日以内、2日~7日以内としっかりセグメントを切り分けられると、入札の最適化もユーザーのモチベーションの正当評価もより進められると思います。

山本:このアップデートは、本当にかゆいところに手が届く内容です。スポンサードサーチやYDNのサイトリターゲティングとの併用で獲得件数の最大化が図れるので、広告主や代理店への啓発に力を入れていきたいです。

大矢:波田様からもご指摘があった点も含め、これからも広告主や代理店の皆様の要望を受け止め、実直に機能改善に取り組んでいきます。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Yahoo!広告活用の今を追う連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング