SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インテグラル・アド・サイエンス、アプリパブリッシャー向けにSDK提供~広告ビューアビリティ計測可能に

 アドベリフィケーションに関するソリューションなどを提供するインテグラル・アド・サイエンス(以下、IAS)は、同社が保有するメディア品質計測のためのモバイルアプリの効果計測・検証ソフトウェアのオープンソースSDKの提供開始を発表した。

 同SDKを利用することで、アプリパブリッシャーは、さまざまなパートナーが提供する複数のSDKを統合することなく、自社のモバイル広告在庫の計測・評価を行える。

 IASはGoogleやInMobi、Lenovoなどの関係各社のサポートのもと同SDKの提供を推進。アプリパブリッシャーやブランド広告主、広告代理店に対する広告の透明性を一層拡大させていくことに注力していく。

 今後同社は、まず2016年第4四半期中に一部パートナーにオープンソースSDKの提供を開始し、業界各社や各種団体と緊密に連携を図る。これにより、幅広い範囲に普及させ、多方面からのフィードバックやコミットメントを考慮し、2017年初旬からの一般提供開始を目指す。

【関連記事】
CA、コンテンツレコメンドソリューションに読了率計測のできる新機能を追加
CyberZ、「Force Operation X」のデバイス推定技術に機械学習を活用
オプトグループ会社、実店舗への来店促進を支援する「toSTORE」リリース
DSP「MarketOne」、「BrandSafe はてな」を採用~ブランド保護に寄与できるか
VOYAGE GROUP、ブランド保護に強み持つMomentumをグループ傘下に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/12/15 17:45 https://markezine.jp/article/detail/25789

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング