SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

東急エージェンシー、O2O×ジオターゲティング広告の連携を強化した新サービスをリリース

 東急エージェンシーは、ジオターゲティング広告と連携した顧客行動解析型O2Oソリューション「Activation Manager GEO」を開発し、提供を開始した。

 ジオターゲティング広告とは、スマートフォン利用者の位置情報を蓄積し、配信業者を通じて、期間内に特定のエリアにいたユーザーに対して配信できるもの。今回開発したサービスでは、商業施設向けアプリや統合型商業施設運営システム「TACSIS」、ビッグデータ分析ツール「Target Finder」、ビーコン端末を組み合わせた顧客行動解析型O2Oソリューション「Activation Manager」にジオターゲティング広告の連携機能を強化している。

 ユーザーは、同サービスを活用することで、商業施設から一定圏内にいる人へ向けて、自社アプリのダウンロードを促すターゲティング広告の配信が可能に。これにより、来館効果測定と館内行動解析が実施できる。また、スマートフォンを日常的に利用する商圏内の新規顧客の獲得にもつながる。

【関連記事】
郵便番号でエリアをターゲティング! オリコム、「居住者ジオターゲティング」を開発
米Yahoo!、郵便番号によるジオターゲティング広告を展開
IMJ、三井不動産商業マネジメントにデジタルクーポン消込みサービスを提供~スタッフの負荷軽減
AdRoll、新規顧客獲得を支援する「AdRoll Prospecting」リリース
ログリーのネイティブ広告サービス、ライオンの新生活情報メディアに採用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング