SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CCI、SpotXを採用~動画配信・プログラマティック配信の販売を強化

 CCIは、日本にある500社以上の媒体社に提供する動画広告配信およびプログラマティック技術として、SpotXを採用した。

 SpotXは、動画広告配信のプラットフォーム。通常の動画配信からプログラマティック配信まで対応しており、OTTサービスやアウトストリーム動画などにも対応可能である。また、媒体社による掲載の事前審査が可能かつ透明性が高いため、買い付け行動を把握しながら価格や収益の最大化を図ることができる。

 同社は、媒体社自身やその傘下の放送局が保有する動画コンテンツのマネタイズを向上させる目的で今回の採用を実施した。同社代表の新澤明男氏は、採用の主な理由を「透明性の高い1つのプラットフォームで高品質な動画在庫を運用し、ブランドセーフティな環境下で高い収益を追求することができるからだ」と述べている。

【関連記事】
広告主の70%がテレビ予算を削減、動画広告にシフト【AOLプラットフォームズ・ジャパン調査】
Supershipの動画広告配信プラットフォーム、外部ツールで「広告が実際に見られたか」の評価可能に
電通と電通デジタル、Kaizen Platformと業務提携~動画広告のクリエーティブを改善
CCIとDAC、米国の「The IAB Technology Laboratory」に加盟
CCI、ビデオリサーチ社の類推セグメント情報活用した広告配信可能に~配信量の確保可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング