SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

【犯人はハインツ】“飯テロ”インスタでシェフがニンマリ「今から投稿をお届けしまーす」からの驚愕の展開


おなかすいてきたなー、とインスタをいじっていたら飛び込んできたシズル画像。まさかそれがスマホ画面を飛び出してくるなんて……。位置情報とInstagram Storiesの機能をうまく活かした事例をご紹介します。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日に更新です。

キャンペーン概要

 時期:2017年
 国名:ブラジル
 企業/ブランド:HEINZ
 業種:食品

「この投稿をお届けします」(!)

 日々SNSに投稿される食べ物の美味しそうな写真。人々の食欲を強制的に引きつけることから“フードポルノ”や“飯テロ”などと言われています。今回紹介するのは、そんなSNSに投稿された美味しそうな食べ物が、“実世界ですぐ食べられる”という夢のようなInstagram施策です。クライアントはケチャップメーカーのハインツ。

 ブラジル・サンパウロにある飲食店シェフがInstagram Storiesで、美味しそうな出来立てのハンバーガーを見せて「この“投稿”をお届けします」というメッセージとともにコンテンツを投稿します。

 本投稿はジオロケーション(位置情報)機能を活用して、ランチタイムに近くでInstagramを閲覧しているユーザーにターゲティングして配信されたもの。

 Instagram Storiesでは“視聴したユーザー”のアカウントが投稿した本人にわかりますが、今回、ハンバーガー映像を視聴したユーザーに向けて、実際にハンバーガーを作ったのです。

 そしてハインツのケチャップやマスタードとともに出来立てのハンバーガーを本人の元へ配達。

 デリバリーされたハンバーガーはInstagramの投稿デザインを模したパッケージに入って届きます。これがつまり「この“投稿”をお届けします」という意味だったのです。

 このチャーミングなパッケージを写真に撮ってInstagramに投稿するユーザーもいたようです。

 かなり実験的な試みだと思いますが、美味しそうな料理の写真を見たときの「食べたい…」という欲求を叶えてくれるサプライジングな取組みでした。

動画はこちら

先週の紹介キャンペーン

賃金の代わりに音楽をカット?!YouTubeやSpotify活かすブラジルの男女給与格差キャンペーン

 記事転載元:AdGang

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 健介(株式会社PR TIMES)(ヤマダケンスケ (PR TIMES))

著者Twitter著者Facebook●About / PR TIMES Inc ・プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の運営 ・ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」の運営 ・WEBクリッピングサービスの提供●About / Vector Group コアバリューである「モノを広める」スキルを通じて、企業・消費者の皆様をマッチしたサービスを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/01/12 16:30 https://markezine.jp/article/detail/26962

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング