SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「LINEリサーチ」からライトコースの先行体験版がリリース!低価格かつ短期の調査が可能に

 LINEは、354万人を対象とする調査パネルを基盤としたスマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」において、簡易アンケートに適した「ライトコース」の先行体験版の提供を開始した。

調査画面サンプル
「ライトコース」でのアンケート実施画面(サンプル)

 「LINEリサーチ」は、企業における事業開発・マーケティング活動の最大化を目的にした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォームだ。アクティブモニターのうち10~29歳が56%を占めており、学生や若年など通常のモニター調査では出現率の低い層への調査も実施することができる。

 また従来型の調査パネルと異なり、リサーチ興味度の薄い層にもコンタクトできることから、より一般的な意見の収集が可能に。さらに調査はLINEのプッシュ通知で配信されるため、ユーザーはリアルタイムで回答しやすく、高い回収率を実現する。

 今回リリースされた「ライトコース」では、フォーマットに沿った調査票を同社に提出するだけで調査を実施できるほか、実施後は簡単な集計データ・グラフの取得が可能。安価に短期で調査を実施したい場合や、ランキング調査といったアウトプットイメージが明確なスポット型の簡易アンケートの実施などに適している。

【関連記事】
日経リサーチとABEJAが業務提携 AIを活用したソリューションサービスの創出・提供へ
トレンダーズ、20~40代男女10万人の消費行動調査に基づくパネルの運用を開始
元LINEの佐々木大輔氏と元グーグルの茅根哲也氏がスマートニュースに参画
さらなる「LINE Ads Platform」の配信面拡大 「LINE BLOG」上へも配信可能に
トランスコスモス、LINEとSalesforce Service Cloudの連携行う製品の提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/11/09 16:30 https://markezine.jp/article/detail/27433

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング