MarkeZine(マーケジン)

記事種別

見込み客の競合ツール導入状況を把握しリード化 SimilarTechをギャプライズが国内提供へ

2017/12/05 16:40

 ギャプライズは、イスラエル発のSimilarTechと業務提携を行い、セールスインサイトプラットフォーム「SimilarTech(シミラーテック)」の日本国内における本格的な提供を開始した。

SimilarTech:管理画面サンプル(特定のテクノロジー検出サイト一覧)

SimilarTech:管理画面サンプル(特定のテクノロジー検出サイト一覧)

 「SimilarTech」とは、ビッグデータ分析アルゴリズムやSimilarWebとの限定的データ連係によって、「いつ、どのサイトに、どんなツールが導入されたのか」すべてわかるツール。

 「SimilarTech」の特徴は以下の4点にある。

質の高いリードを獲得

 「競合ツールを導入しているWebサイト一覧」など特定ツールの利用企業を抽出し、営業リストを作成できる。さらに、「競合ツールをやめた瞬間を通知」する機能もあるため、営業タイミングを逃さず効率的な顧客獲得ができるという。

リードの優先度付け

 ツール導入状況をSalesforceなどのCRMと連携することでリードの質や優先度を効率的に決定することが可能になります。

決裁力のある人物へアプローチ

 氏名と会社名からEメールアドレスを自動で見つけることができる。Eメールアドレス発見システムが、自動的にEメールアドレスを検索し、検証することで、事実上、誰とでもコンタクトをとれるようになると同社は説明している。なお、データソースとしてLinkedInを使用する。

顧客の解約阻止

 「顧客が競合ツールのトライアルを始めたとき」や「自社のツールが使用されなくなったとき」など解約リスクがあるような、重要な出来事が起きた際に通知する。適切なタイミングで情報が得られるようにし、顧客の解約を防ぐ狙いだ。

【関連記事】
マーケットワン・ジャパン、東京商工リサーチと連携しABM強化 企業DB活かし見込み企業を選定
アイズファクトリー、「Salesforce Pardot」の見込み客のホット化率を分析するツール販売
パネル調査データとオンライン行動データを統合 博報堂、新規見込客の発見・広告配信サービス開始
シャノン、BPO支援企業のSCSKサービスウェアと協業 BtoBマーケティングの支援を強化
電通がグローバルでのBtoB領域を強化、米ジャイロ社の株式を100%取得しインタープライズ社を統合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5