SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

ハイスペック靴で走る楽しさをゲームで表現!中国NIKEがショッピングセンターで実施したVRイベント

自分そっくりのアバターがゲームの中を駆け抜ける体験を通じて、ランニングシューズの魅力を伝えようとする中国NIKEの施策をご紹介します。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日に更新です。

キャンペーン概要

 時期:2018年
 国名:中国
 企業/ブランド:NIKE
 業種:スポーツブランド

靴の楽しさは走ってみなくちゃわからない

 ナイキが新しく発売したランニングシューズ・Epic React。高反発なのに軽量、頑丈なのに柔らかいという対極の理想を同時に満たし、走ることをより楽しくしてくれるハイスペックな最新モデルです。

 中国のナイキはこのEpic Reactの履き心地を体感してもらうため、ユニークなゲームイベントを実施しました。

 上海にあるショッピングモールに設置されたこちらの会場では、実際にEpic Reactを履いてランニングマシンで走ることが可能。しかしただ普通に走るだけではありません。

 シューズを履いた参加者はまずカメラの前に立ち、自身のアバターを作成。その後ランニングマシンに乗ると、アニメーション化された自分のキャラクターがゲームの世界を走り出すのです。

 万里の長城や富士山、自由の女神などを背景に、まるでゲームの主人公になった気分で3分間のランニング。手に持ったコントローラーのボタンを押してジャンプすれば、障害物をよけたり、アイテムをゲットすることができます。

 体験終了後には、SNSでシェアできるように、自分がプレイしたゲームのビデオクリップをプレゼント。

 ランニングシューズは、実際に履いて走ってみないことにはその履き心地は分からないもの。ナイキが自信を持って発売するEpic Reactの性能を、楽しみながら体感してもらおうという試みでした。

動画はこちら

先週の紹介キャンペーン

“視力0.03”の極限の滑降! パラアスリートの競技中の視点を体感できるInstagramアカウント

 記事転載元:AdGang

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 健介(株式会社PR TIMES)(ヤマダケンスケ (PR TIMES))

著者Twitter著者Facebook●About / PR TIMES Inc ・プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の運営 ・ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」の運営 ・WEBクリッピングサービスの提供●About / Vector Group コアバリューである「モノを広める」スキルを通じて、企業・消費者の皆様をマッチしたサービスを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/03/28 08:10 https://markezine.jp/article/detail/27667

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング