SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

最新調査レポート

【携帯フィルタリング意識調査】子供の8割が「フィルタリングを解除してほしい」と回答


IMJモバイルは、「携帯サイトフィルタリングサービスに関する意識調査」を実施した。調査期間は2008年2月5日~2月6日、有効回答数は1032名を得た。【バックナンバーはこちらから 】

調査結果概要

 2007年12月に総務省の要請を受け、有害サイトフィルタリングサービスについての方針を携帯各社が発表しました。既に携帯会社は新規契約者に対しフィルタリングサービスを開始し、既存契約者に対しても、順次実施を予定しています。

 そこで、フィルタリングサービスの対象者である15歳~18歳の男女(以下、子供)と、12歳~18歳の携帯電話を利用している子供を持つ保護者に、携帯サイトの利用や、フィルタリングサービスに関しての意識調査を行いました。

 調査結果より、保護者の約7割、子供の約8割がフィルタリングサービスの内容を理解し、親子共に9割以上が名称を認知していました。また、保護者の93%がフィルタリングサービスを支持しており、64%が子供の悪質サイトへのアクセスに不安を持っていることが明らかになりました。携帯を取り巻く昨今の社会的背景が、子供の携帯利用に対する保護者の不安と、フィルタリングサービスへの支持に影響していることが窺えます。

 一方で、「サイト閲覧制限に対する基準の提示」、「年齢による制限内容の区別」、「利用者への説明」を4割の保護者が求めていることから、子供の携帯サイト閲覧に制限を加えるニーズは高まっているものの、現行の仕組みには満足しきれていないようです。

 また、主な携帯サイトの利用層であり、フィルタリグサービスの適用を受ける15~18歳の子供は、77%がフィルタリングサービスを解除してほしいと考え、ブログやSNSなどのコミュニケーション系のサイトの閲覧制限の必要性について、親子間の意識差が大きい結果となりました

調査結果のトピック

・子供の悪質なサイトへのアクセスに保護者の6割が不安
・親の7割、子供の約8割がフィルタリングサービスの内容を理解
・保護者の34%が解除に応じない
・規制すべき携帯サイトについて保護者と子供の意識に大きな差異

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
調査概要

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
最新調査レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社アイ・エム・ジェイ R&D室(カブシキカイシャアイ・エム・ジェイ アールアンドディーシツ)

IMJグループ では、デジタルマーケティングに関わる様々な情報を、多様な視点から調査・分析を行い、各種調査レポートを発信しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/03/04 13:41 https://markezine.jp/article/detail/2799

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング