SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineピックアップ(PR)

MAでさらに売上を上げるために MAツール「Aimstar」の進化から見えること

強化学習による分析や、リアル店舗との連動を目指す

 Ver.8では機械学習による基本的なキャンペーンの自動生成を実現したが、今後はそれだけにとどまらず、AI自らが考え、売上を最大化していけるような分析機能の拡張を目指している。

 「過去のデータを学習して分析するということはこれまでもやっていましたが、施策と効果の結びつきを裏付けるデータがないことが多く、高度な自動化を精度よく行うための障壁となっています。そこで、正解との結びつきがまだ明確にわかっていないデータからも予測を行う『強化学習』をマーケティング分野に持ち込む、というチャレンジをしています。それが短期的な視点ではなく、LTVを最大化することができるような長期的なキャンペーンに繋げることができればと思っています」

 またスプリームシステムでは、リアル店舗向けにMoptar(モプター)というツールの開発・販売も行っている。センサーなどにより顧客の位置を取得し、どの売場に立ち寄ったか、どの商品に手を出したかなどの顧客の動線を分析するシステムで、量販店や百貨店、イベント会場、製造工場などに導入されている。今後はMoptarで取得した情報をAimstarと連携し、リアルとウェブを統合したレコメンドを生成するなど、オムニチャネルやマーケティング分野への対応も進めているという。

 さらには、MAの領域にとどまらない製品もリリース予定となっている。具体的には、顧客の購買や店員の接客の動線など、膨大な量のデータをリアルタイムに取り込み、事前に定義した条件に合致した場合に処理や通知を実施。それにより顧客へのレコメンド通知を行うなど、よりユーザー1人ひとりに合ったソリューションになりそうだ。

 同社には、それらの技術を支えるAIの専門家やエンジニアが揃っており、自社開発を進められることも強みだろう。

 機械学習による自動化、強化学習による分析の高度化、さらにはリアルとの連携まで、同社の開発力を活かした今後の展開にも注目したい。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzineピックアップ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

松岡 亜希(マツオカ アキ)

フリーランスのライター&エディター。出版社勤務を経て独立。雑誌、書籍、Webサイト、企業広報などさまざまな分野で活動中。● http://pubapart.com/

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/04/24 12:00 https://markezine.jp/article/detail/28285

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング