SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineピックアップ(PR)

MAでさらに売上を上げるために MAツール「Aimstar」の進化から見えること

キャンペーン自動生成を実現したVer.8 コストや負荷を大幅にダウン

 2018年4月リリースのAimstar Ver.8では、機械学習によるキャンペーンの自動生成と、実施した施策の結果を学習して自動チューニングを行う機能を搭載した。昨年9月リリースのVer.7.5でも、機械学習による最適な顧客のターゲット抽出選択や、レコメンド商品の選択、キャンペーンパターンの選択をそれぞれ実現していたが、Ver.8でさらに一歩進んだ形だ。

2018年4月に発表されたAimstar Ver.8の新機能
2018年4月に発表されたAimstar Ver.8の新機能

 One to Oneのアプローチは効果が出やすいと言われている一方、策定するシナリオが複雑化することでコストが増えるというデメリットがある。だがキャンペーンの自動生成が可能になることで、そのコストや負荷を大幅に下げることができる。

 「MAを導入しようというお客様は、売上アップや業務の効率化を目指しているはずです。それなのに、シナリオ作成や効果測定で人手や工数がかかってしまうことで、逆に効率が下がり、コスト面でも損をしていることがあるように思います」

 とはいえ、企業のさまざまな都合や顧客の多様化により、シナリオはますます難解になっているのが現状だ。本当に自動化は可能なのだろうか。

 「『当たり前の施策』を自動化するというイメージです。たとえば、商品ページにランディングしたらおすすめする、商品をカートに入れたままにしていたらおすすめするといった、顧客のウェブアクセスへの速やかなリアクション。また、ユーザーが1ヵ月ごとに購入している商品であれば、購入から1か月経つ頃におすすめするといったリピートの提案、特に併売されやすい商品のクロスセル提案などです。

 優秀なリアル店舗の店員であれば実施できるであろう基本的なOne to Oneのキャンペーンをコンピュータにやってもらう。それ以外は人間が実施する。人間が設定したキャンペーンに顧客が反応した場合のアクションは自動キャンペーンに任せることができるので、シナリオ作成やその設定作業の時間を大幅に短縮することができます」

シナリオ作成を簡単にするシナリオビルダー画面
シナリオ作成を簡単にするシナリオビルダー画面

 機械学習では、キャンペーンを自動生成しながらそれに対する顧客の反応を学習し、さらに自動で調整を加えていく。基本的なキャンペーンについては、日ごとに賢くなっていくAIが、どんなキャンペーンを行えばいいかを判断して生成する。そのため運用するうえでは承認や微調整を行うだけでよく、その分メンテナンス費用も低く抑えられる。今後ますますシナリオが複雑化していくことが予想されるなか、売上アップと効率化の両方を実現できる自動化のメリットは大きいだろう。

次のページ
強化学習による分析や、リアル店舗との連動を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzineピックアップ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

松岡 亜希(マツオカ アキ)

フリーランスのライター&エディター。出版社勤務を経て独立。雑誌、書籍、Webサイト、企業広報などさまざまな分野で活動中。● http://pubapart.com/

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/04/24 12:00 https://markezine.jp/article/detail/28285

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング