SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トレンダーズ、Instagramストーリーズ広告に特化したサービス「ADFUL」提供開始

 トレンダーズは、Instagramストーリーズ広告に特化したサービス「ADFUL(アドフル)」を2018年4月25日(水)に提供開始する。同社が強みとするインフルエンサーネットワークを活かし、インフルエンサーによる投稿画像を活用した広告クリエイティブを複数制作。ユーザー反応を計測しながら運用する。ストーリーズ上への広告配信により、インフルエンサー施策のみでは届きづらい新規ユーザー層へのリーチを可能にする。また、インフルエンサー施策との併用により、フォロワー層と非フォロワー層双方にリーチを図るという、シナジー効果が期待できる。

 今回のサービス提供開始に合わせ、トレンダーズでは10~50代のInstagramユーザー175名を対象に調査(※1)を実施。その結果、「インスタグラムを開いて最初に見る場所」をきくと1位は「ストーリーズの投稿」(41%)で、次いで「フィードの投稿」(37%)が続き、「ストーリーズ優位」なユーザー実態がうかがえた。

 さらに週に1回以上Instagramを閲覧する20~30代の女性ユーザー300名を対象とした調査(※2)では、3人に1人は「ストーリーズだけ確認し、フィードは見ないでインスタグラムをとじたことがある」(33%)と回答するという結果となった。「ストーリーズファースト」化している状況が垣間見られた。

※1 調査期間:2018/3/6(火)~8(木)、調査方法:インターネット調査
※2 調査期間:2018/4/13(金)~16(月)、調査方法:インターネット調査

【関連記事】
トレンダーズ、メディアフラッグと提携 UGCマーケティングと店頭販促が連動したサービスを提供
トレンダーズ、20~40代男女10万人の消費行動調査に基づくパネルの運用を開始
トレンダーズ、Twitterに特化したインフルエンサーネットワークの提供を開始
東北新社、トレンダーズと業務提携 コンテンツ制作×デジタルマーケティングで全面支援
トレンダーズ、ジーニーと提携し6秒動画に特化した動画広告配信サービスをリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング