SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天とビームスがコラボ!O2O企画「Rakuten meets BEAMS JAPAN」の開催へ

 楽天とビームスは、楽天の運営する「楽天市場」とショッピングSNS「ROOM」、およびビームスの運営する実店舗「ビームス ジャパン」において、両社のコラボレーションによるO2O企画「Rakuten meets BEAMS JAPAN」を、2018年5月23日より開催する。これに先立ち、「楽天市場」内にて、特設イベントページが開設された。

 同企画では、BEAMSのバイヤーとショップスタッフなど16名が愛用している「楽天市場」の商品を、ライフスタイルとともに紹介。ビームス ジャパンの店頭には、スマートフォンで操作できる巨大デジタルサイネージを設置し、紹介した商品を展示するコンテンツを用意する。

 顧客は、自身のスマートフォンをコントローラーにして、サイネージに表示される商品から「楽天市場」の商品ページにアクセスし、商品をチェックしたり、購入することができる。また、「ROOM」においては、16名が運営するアカウントを集約した、特設ページが開設される。

 同イベントの開始にあわせ、ビームス ジャパンでは楽天のスマートフォンアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」を導入。顧客は、ビームス ジャパンで買い物に「楽天ペイ」のアプリ決済を利用することで、「楽天スーパーポイント」を貯めたり、支払いに使ったりすることが可能になる。今秋には、ビームス ジャパンだけでなく、全国のビームスショップへも導入を予定している。

【関連記事】
ビームスのバイヤーが楽天市場をキュレーション、目利きが商品をセレクトする「Rakuten meets BEAMSハッピー隊」
楽天、マーケソリューションを「Rakuten Marketing Platform」ブランドに統一
楽天会員IDに基づき広告配信による実店舗での効果測定を実現する「RMP-Go! Spot」提供開始
博報堂DYMP、楽天と食に特化したDMPの提供開始
楽天とウォルマートが日米における戦略的提携を発表~日本では「楽天西友ネットスーパー」を共同運営へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング