MarkeZine(マーケジン)

記事種別

楽天、ビッグデータを分析して消費行動を理解するAIエージェントを開発

2018/05/22 15:00

 楽天は、ビッグデータを分析して消費行動を理解し、マーケティングソリューションに活用するAIエージェント「Rakuten AIris(楽天アイリス)」を開発した。

 「Rakuten AIris」は、約9,700万の楽天IDとそれに基づく消費行動分析データなどのビッグデータをマーケティングソリューションに活用するため、楽天技術研究所をはじめ、楽天のデータサイエンス部、広告事業ディビジョンが共同で開発したAIエージェントだ。機械学習を用いた独自のアルゴリズムで消費行動を解析することで、購買の見込みがあるユーザーを抽出することができる「Target Prospecting機能」を有している。

 同機能は、対象商品の購買実績があるユーザー層の属性データ、購買傾向、価格趣向、楽天グループサービス利用傾向など920項目にのぼるデータを分析してスコア化し、マッピングする。これにより、購買実績のないユーザー層の中から近い特性を持つユーザーを「購買見込みユーザー」として予測し、広告配信において精度の高い拡張ターゲティングを行うことができる。

 また同社は、同機能を活用した広告配信ソリューションとして、「RMP - Customer Expansion」の提供を開始した。「RMP - Customer Expansion」では、「楽天市場」をはじめ、様々なECにおける購買データや、楽天グループサービスの利用傾向などのデータを解析することで、高精度な拡張ターゲティング配信を行うことができる。

 さらに「RMP - Customer Expansion」は、メール型広告やオフラインにおけるダイレクトメールの郵送、サンプリング施策など、様々なチャネルを活用することが可能。ユーザーにとっても、実際の趣向に近い商品の広告が配信されるため、より有益な情報を広告から得られるようになる。

 同社は今後も「Rakuten AIris」において、ビッグデータを活用した様々な分析・マーケティング機能を拡充していく予定だ。

【関連記事】
楽天市場を活用する広告主向けにマーケティングツール「RMP - For Brands」がリリース
楽天とビームスがコラボ!O2O企画「Rakuten meets BEAMS JAPAN」の開催へ
楽天、マーケソリューションを「Rakuten Marketing Platform」ブランドに統一
楽天会員IDに基づき広告配信による実店舗での効果測定を実現する「RMP-Go! Spot」提供開始
博報堂DYMP、楽天と食に特化したDMPの提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5