SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

ソウルドアウトの元エンジニア率いる専門チームが施した「成果を実感できる」Criteo運用改善

元エンジニアが率いる、ハイレベルなCriteo専門チーム

 メディプラスのCriteo運用を担当している、ソウルドアウトの小野友嘉氏は、元エンジニア。ゲームアプリを開発していた経歴があり、その技術ナレッジを活かし、ソウルドアウトでCriteo専門のチームを率いている。

 「ソウルドアウトの強みは、お客様のビジネスに合わせたCriteoの環境構築を行えることです。Criteoは機械学習がベースにありますので、常に情報をブラッシュアップする必要があります。我々は、運用の提案からタグの実装、フィード作成、効果改善までを一気通貫でサポートしています」(小野氏)

ソウルドアウト株式会社 WEBマーケティングサービス本部 メディアソリューション部 部長補佐 小野友嘉氏
ソウルドアウト株式会社 WEBマーケティングサービス本部 メディアソリューション部 部長補佐 小野友嘉氏

 ソウルドアウトのCriteo専門チームは、一人ひとりが小野氏によるテクノロジー分野のトレーニングを受けているため、その知識はハイレベル。また、一言でECといっても、商材や商品数によってCriteo活用は様々だ。ソウルドアウトでは、担当者をBtoC、BtoBサービスごとに分け、運用ナレッジが蓄積される組織体制を敷いている。

 「弊社は、ベンチャー企業や地方の中小企業のお客様に特化して、デジタルマーケティングを支援しています」と小野氏。実際に、ナレッジやリソースが足りないことが原因で、十分にCriteoの活用ができていない地方企業、中小・ベンチャー企業は多い。 

 こうした課題に対し、ソウルドアウトは企業規模に関係なく担当者をつけ、運用改善に尽力している。取引先は全国に亘る中、細やかなサポートを提供する背景には、同社のミッションステートメント「中小・ベンチャー企業が咲き誇る国へ。」があるそうだ。

 「これまで、広告主様と代理店の関係には隔たりがありました。ですがそもそも、デジタルマーケティング支援=広告の運用だけではありません。お客様のビジネスを理解した上で、ご支援することに重きを置いています」(小野氏)

ソウルドアウトがCriteo運用改善で実行した2つの施策

 では、ソウルドアウトがメディプラスのCriteo運用で行った具体的な施策を見ていこう。

 目標のCPOが達成できていないという課題に対し、まず小野氏は、メディプラスのCriteoのタグ実装に着目し、各ページのタグ実装を見直し調整した。さらに、ランディングページ(LP)のABテストも実施。具体的には、フィードをカスタマイズしてURLを2つ用意し、随時Google Analyticsでパフォーマンスをチェックしている。

 「Criteo経由のアクセスには、“再訪”という特徴があります。そのため、SNS広告や検索からアクセスされるユーザーと、Criteo経由で再訪されるユーザーでは、ニーズや関心度が違います。その上で、ユーザーごとに適したコミュニケーション構造に関する仮説を立て、LPへ反映していくことが求められます」(小野氏)

 Criteoは「どのページにアクセスしたユーザーを、広告の配信対象とするか」という視点で考える。そのため小野氏は、Criteo以外の広告も含めた全体のマーケティング設計を把握し、ページの内容やユーザー遷移を考えながら、タグの実装を行うそうだ。

次のページ
コツコツ改善する過程で実感できた、Criteoの効果

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

マチコマキ(マチコマキ)

広告営業&WEBディレクター出身のビジネスライター。専門は、BtoBプロダクトの導入事例や、広告、デジタルマーケティング。オウンドメディア編集長業務、コンテンツマーケティング支援やUXライティングなど、文章にまつわる仕事に幅広く関わる。ポートフォリオはこちらをご参考ください。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング