MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ソウルドアウトの元エンジニア率いる専門チームが施した「成果を実感できる」Criteo運用改善

2018/08/22 11:00

 ECの成長には不可欠な存在である「Criteo」。しかし、通販化粧品会社メディプラスでデジタルマーケティングを担当する茶谷氏は「Criteoを使いこなせていなかった時期がある」と語る。そんなメディプラスのCriteo施策をサポートしたのは、技術的知見を備えたCriteo専門チームを有する代理店のソウルドアウトだった。茶谷氏と一緒にCriteo改善に取り組んだソウルドアウトの小野氏は、どのような施策を実行したのか?

正直なところ、デジタルマーケティングに苦手意識があった

 「オンラインで通販化粧品を扱うならば、Criteoは必ず取り組まなくてはならないプロダクトです。しかし、運用に苦戦していたこともあります」。こう語るのは、メディプラスでデジタルマーケティングを担当する茶谷翔平氏だ。

株式会社メディプラス アクティブ企画部 茶谷翔平氏
株式会社メディプラス アクティブ企画部 茶谷翔平氏

 メディプラスは、2003年に創業した通販化粧品会社。オールインワンジェル「メディプラスゲル」をメインとした「メディプラス」ブランドのみを扱い、オンラインのほか電話での通販にも対応している。製品は、アトピーに悩んでいた同社の社長が自ら開発したもので、皮膚科などのクリニックを対象とした卸販売からスタートし、テレビCM・紙面広告を中心とした通販事業で成長してきた。

 ゆえに、「正直なところ、デジタルマーケティングへの苦手意識があった」と茶谷氏。

 それでもECの体制を整えた結果、ここ数年はオンライン広告経由の申し込みが過半数を占めるようになっている。デジタルマーケティングでは、Criteoに加え、リスティング広告や各種SNS広告を中心に、新規顧客の獲得をKPIとしているそうだ。

Criteo運用に必要とされる、高い専門性

 しかしながら冒頭で述べた通り、Criteoで思うような成果を出せなかった時期もあった。その原因は、サイト訪問者に対し、リターゲティング広告を配信するだけに留まっていたことにある。

 「当時は、Criteoでの改善施策はCPCの上げ下げのみしか行うことができていませんでした。そもそも、Criteoを運用するに際し、自分たちにできることは何なのか、現状でどのような改善施策があるのかがわかりませんでした」(茶谷氏)

 Criteoは、ダイナミックアドと呼称される運用型の広告で、フィード広告とも呼ばれている。ユーザーの行動を計測するタグと、商品やサービスの情報などから構成されるフィードをもとに、機械学習で広告の最適配信を実現するプロダクトだ。コマースマーケティングを得意とするが、最適に運用するためにはテクニックが必要である。

 そこで茶谷氏は、Criteo運用に関して技術的な知見とノウハウに富む、ソウルドアウトへCriteo運用を依頼。二人三脚で、Criteo攻略に挑んだ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5