SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Criteo、デジタル広告テクノロジーを研究する「AIラボ」をパリに設立

 Criteo(本社:フランス)は、デジタル広告における機械学習技術の構築・実験・大規模導入に特化した研究開発拠点「Criteo AIラボ」をパリに設立した。同社は、このAIラボに3年間で2,000万ユーロ(約25億円)を投資し、汎用性と透明性を確保したユーザー中心型の機械学習モデルの構築に向けた研究に取り組んでいく。

 新しく設立したAIラボでは、デジタル広告におけるパフォーマンス測定やベストプラクティスにおける業界標準の策定に向けた実験を実施するほか、データの適正な利用と社会的責任に関する議論をけん引していく。またデジタル広告業界の健全な未来のために、ツールをオープンソース化するだけでなく、様々な形式で成果を公表していく予定だ。

 また同社は、AIラボの目標達成に向け、フランスでの事業規模を拡大し、AIの研究開発に取り組む人材の採用を開始。ユーザーと広告主、パブリッシャーを結ぶ体系を変え、次世代のデジタル広告テクノロジーを構築していく。

【関連記事】
「Feedmatic」、Criteoのプロスペクティング配信機能の提供を開始 潜在客へのリーチ可能に
ECサイトの売り上げ、スマートフォンは+9%でPCは-9%【Criteo調査】
SSP「fluct」、DSP「Criteo」とメディア・アプリにおける動画広告RTB取引を開始
モバイル上で売れてる商品カテゴリー発表/北東アジアのEC取引、8割がモバイルに【Criteo調査】
年末商戦、ピークはいつ?/35%がクロスデバイスでCV【Criteo調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/07/06 08:00 https://markezine.jp/article/detail/28811

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング