SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

OKI、「Enterprise DX」をリリース AIなどを活用し3つの分野で店舗のデジタル化を支援

 沖電気工業(以下、OKI)は、IoTやAIの活用により店舗のデジタル変革を支援するソリューション「Enterprise DX(エンタープライズ・デジタルトランスフォーメーション)」を発表した。

「Enterprise DX」によるビジネスモデル構築イメージ
「Enterprise DX」によるビジネスモデル構築イメージ

 「Enterprise DX」は、「ストアフロント変革」「オペレーション変革」「サービス変革」の3つで構成されるソリューション。社会の変化に対応したアプリケーションやハードウェア、サービスを、顧客に合わせて提供する。

 OKIは7月から、「ストアフロント変革」の第一弾として、店頭の形に合わせて様々なI/Oデバイスを選択し、顧客によるセルフ操作を実現するソフトウェアプラットフォームを提供する予定だ。

 その他、事務処理コストの削減・生産性の向上が期待できる「オペレーション変革」や、生活サービスのワンストップ提供を実現する「サービス変革」も順次提供していく。

 「サービス改革」では、オープンAPIを活用したシームレスなサービス統合や、プライベート認証サービスの活用が可能。これにより、顧客が自ら最適なサービスを入手できるインフラを構築できる。

【関連記事】
セールスフォース、Google アナリティクス 360との連携ソリューションを国内で提供開始
デロイト、消費材企業向けに「マーケティング&リテーリングROI最適化ソリューション」を本格提供
ANA、クアルトリクス提供のCXソリューションを導入 顧客の声をリアルタイムで共有可能に
イー・エージェンシー、AIマーケティングをトータルで支援するソリューションの提供を開始
スイッチスマイル、ビーコンを活用した位置情報ソリューション「pinable Ver 3.0」を公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/07/17 14:15 https://markezine.jp/article/detail/28877

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング