MarkeZine(マーケジン)

記事種別

リクルートの組織横断的なソリューション導入計画/ゴルフダイジェスト・オンラインのシナリオ運用現場

2018/09/12 11:00

 Webサイトやモバイルアプリの顧客行動を可視化するソリューション「KARTE」を提供するプレイドは、7月31日にミートアップイベントを開催した。ユーザー企業同士でナレッジやノウハウを共有する場としてスタートしたミートアップは、今回で10回目。会の進行を務めた仁科氏は、「参加者同士の情報交換で、業種・職種を超えた仲間を作り、顧客体験向上の種を持ち帰ってほしい」と述べ、会を始めた。

プレイドが広げるオープンなコミュニティ

 本稿でレポートしているのは、プレイドのユーザー企業同士でナレッジを共有し合うミートアップだ。「ユーザー一人ひとりにフォーカスしたCX」を提唱しているプレイドは、ユーザー企業によるコミュニティの活性化に注力しており、ミートアップの他にも、業種ごとの分科会、各社のエンジニアを集めたディスカッションなどを開催している。

 そして、プレイドがコミュニティに注力する理由は、“会社は違えど「CX」という一つのテーマに向き合っている企業同士で刺激し合い、事例や知識を共有していくことで、新しいユーザー体験が生まれる”という考えにある。オープンなカルチャーのもと、会社という枠組みを超えたコミュニティで何が共有されているのか。本稿では、その内容をお届けする。

グループ全体での導入・活用を進めるリクルートテクノロジーズ

 今回、ミートアップの壇上に立ったのは、リクルートテクノロジーズとゴルフダイジェスト・オンラインだ。初めに登壇したリクルートテクノロジーズの橋本はるな氏は、「組織横断型のソリューション推進の仕組みづくり」をテーマに、ボトムアップの組織文化をもつリクルートがグループ全体でソリューションを導入する場合、どのような組織体制および導入準備が求められるかを話した。

橋本はるな氏
株式会社リクルートテクノロジーズ ITエンジニアリング本部 データイノベーション推進部
データイノベーション開発グループ 橋本はるな氏

 リクルートテクノロジーズは、リクルートグループが提供する各サービスをテクノロジーの面から支えている。2017年11月から始めた「KARTE」の導入は、3つのフェーズを用意し、活用の範囲を拡大しながら導入を進めているという。

フェーズ1 現場の声を基にした課題の特定&全体設計

 リクルートテクノロジーズが「KARTE」の導入を依頼されたとき、実は既にグループ全体の20サービスでKARTEは導入されていた。それらを取りまとめ、グループ全体での活用を模索するにあたり、橋本氏は事業会社の担当者へニーズのヒアリングを実施。その結果、「よりスピーディーに施策を回して成果を出す」「グループ内のデータを連携し活用する」という2つのニーズを満たすソリューションとして、KARTEを採用した。

 次に橋本氏は、「広告配信の最適化」「最適チャネルの判別」「ターゲティング」「ABテスト」など、事業部側の施策を実現するためにどのようなデータが必要なのかを整理した。ソリューションの利用範囲が広がるにつれ、データ連携は難しくなるからだ。

 さらに、事業会社の担当者が望む施策がセキュリティポリシーと関連法規に準拠しているかなども確認。リスクレビューは、グループ全体で活用するソリューションの選定には不可欠だと橋本氏は話す。

 まとめると、フェーズ1では事業側との対話を通し、課題の特定と全体設計、契約を含めた基本的な事務手続きの取りまとめを行った格好だ。

フェーズ2 スムーズな運用を目指したシステム開発

 フェーズ2では、コンサルティングと並行しながらシステム開発を実施。2018年4月からフェーズ2に入り、現在も進行中である。

 このフェーズのゴールは、事業部側にシステムを引き渡した後の運用と業務支援を円滑に行うための仕組みづくりにある。

 KARTEを活用し、グループとしてどのような施策を展開するかを明確にするため、橋本氏は二度目の個別面談を実施。ヒアリング内容を基に、業務への運用が有望と判断した施策は15件以上に上った。その中の1件は、実行可能調査が始まっており、今後はその施策によりどの程度のROIが見込めるか、どう進めていくかを事業側の担当者とともに検証していく計画だという。

 また、KARTEを提供するプレイドとの定期コミュニケーションの場では、リクルートグループ内での取り組みの方向性について、議論を重ねている。現時点ではリクルートテクノロジーズとプレイドの2社のみが参加する場であるが、今後は施策を運用する担当者も含めユーザー会や勉強会を開催。各事業会社のユーザー同士で交流を深めてもらい、ナレッジの共有を促すことが狙いだ。

フェーズ3 活用範囲を拡大、グループ全体での活用による相乗効果を

 フェーズ2が終わる予定の2018年9月末には、施策の展開やシステムの運用方法が定まる予定。そして次のフェーズ3では、フェーズ2で行ったコンサルティングからシステム開発、運用開始までの推進体制の範囲を拡大させていくと橋本氏は話す。

 たとえば、今は事業会社ごとに行っているDMPを活用したデータ連携を、データハブによる共通の仕組みに変えるなど、共通化のメリットが大きい分野を見つけ、KARTEの実装でシステムや運用を見直していく。

 リクルートテクノロジーズは、グループの中で「人」「データ」「業務」をつなぐ重要な役割を果たす。フェーズ3では、リクルートテクノロジーズによるグループ全体への支援体制を完成形に近づけるべく、取り組みを洗練されたものにしていくビジョンを橋本氏は描いている。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5