SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CyberBull、リサーチ会社とのデータ連携を開始 動画広告の売り上げ寄与度を可視化へ

 CyberBullは8月22日、インテージおよびリサーチ・アンド・イノベーション(以下、RNI)と連携し、動画広告の売り上げに対する寄与度を可視化する取り組みを開始した。

 これまで、ネット上の動画広告の効果検証は、配信媒体によるブランドリフト効果の測定や、市場調査機関による購入者への事後アンケート調査で行われていた。一方で、動画広告の売り上げに対する寄与度の効果検証は、広く行われていなかった。

 これを受けCyberBullは、マーケティングリサーチの企画・分析に強みを持つインテージ、およびレシートを換金できるアプリ「CODE」を提供するRNIとの連携を開始した。

 CyberBullが保有する動画広告の視聴データと、購入直後にアンケートを実施できるRNIの調査データを統合。さらに、インテージがアンケートの企画・分析を行うことで、動画広告がどの程度実購買につながったかを可視化する。この取り組みが進むことで、今後広告主企業は、マーケティング施策における動画広告の出稿量を最適化できる。

【関連記事】
CyberBull、「バーチャルスタジオ」の開発に着手 3DCGで幅広いロケーションの再現が可能に
テレビCMと動画広告の最適な接触回数とは? CyberBullと資生堂ジャパンが共同検証を実施
スマホ動画広告とTVCM、視聴後のアクションにつながるのは?/年代で違い【CyberBull調査】
CyberBull、マイクロアドデジタルサイネージと動画広告商品を提供 デジタル上から店頭をカバー
CyberBull、ブランディング広告に特化したクリエイティブチームを設立 社外アドバイザーも就任

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/08/23 09:00 https://markezine.jp/article/detail/29102

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング