SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マルケトがBomboraと提携 BtoBマーケター向けのインテントデータの提供へ

 Marketo(以下、マルケト)は、Bomboraとの提携を発表した。

 Bomboraは、BtoBマーケター向けのインテントデータを提供している。BomboraのCompany Surgeデータは、企業内からの特定の製品関連トピックにおける消費の変化を報告するもので、このデータのソースは、大手BtoBメディア企業の協同組合からだ。

 今回の提携によりマルケトは、顧客企業へBomboraのサービスを提供できるようになる。なお、すべてのマルケトユーザーは、BomboraのCompany Surgeのインテントデータを利用することができる。

 マルケトの戦略および提携担当シニアバイスプレジデントであるT.K. Kader氏と、BomboraのCEOであるErik Matlick氏は、今回の提携について、次のように述べている。

 「マーケターにとって、エンゲージメントを構築するのに最高の対象者とは、既に積極的にリサーチを行っている購買者です。Bomboraのインテントデータを弊社のお客様に提供すれば、購入する見込みの高い顧客と関係を構築できるようになり、その結果、より有望な商談を営業につないで販売プロセスを加速することが可能です」(T.K. Kader氏)

 「購入するために実際にリサーチを行っているのは、企業リストのわずか15~20%であることがわかっています。その15~20%に入っている企業、またはリサーチを行っている実際のソリューションを把握することがBtoBマーケターにとってとても重要です。エンゲージメントプラットフォーム『Marketo』をハブとして活用して、把握できるようにすれば、Bomboraのインテントデータを組織全体で利用可能になるという飛躍的価値が生まれます」(Erik Matlick氏)

【関連記事】
マルケト、Google Cloudと連携 AIを活用した新製品開発を目指す
マルケトとシルバーエッグが連携 金融・人材・不動産業界のOne to Oneマーケティングを強化
マルケト、人材育成支援「Marketo University」を日本で本格展開
クライドの「ADMATRIX DSP」、BtoBマーケティングプラットフォーム「FORCAS」と連携
精度高いBtoBマーケが可能に!DSP「Logicad」、ランドスケイプの企業データベースと連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/08/31 11:30 https://markezine.jp/article/detail/29158

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング