MarkeZine(マーケジン)

記事種別

DSP「Logicad」に「ads.txt」による制御配信機能が追加 SSPと一致しない広告を除外

2018/09/13 15:15

 ソネット・メディア・ネットワークスは9月12日、DSP「Logicad」における広告配信の透明性強化を目的に、「ads.txt」による制御配信機能を実装した。

 「ads.txt」(Authorized Digital Sellers.txt)は、米国のインタラクティブ広告業界団体(IAB)が推奨するアドフラウドやブランドセーフティーの対策プログラム。2017年5月に発表され、既に多くのメディアで導入されている。また昨今では、海外の大手DSPプレーヤーを中心に「ads.txt」で制御配信を行う機能の実装が拡がっている。

 各メディアは同機能を使い、広告枠の販売に使用しているSSPなどのプラットフォームを宣言。するとDSPがそれを読み取り、広告配信前に広告枠とプラットフォームの組み合わせが一致しているかどうかを確認する。これにより、なりすましなどのアドフラウドを防ぐことができる。

 同社は、「Logicad」において、2016年1月のアドフラウド対策の導入を皮切りにブランドセーフティー機能やビューアビリティ測定など、インプレッションの透明性や安全性の向上を目的とした「アドベリフィケーション機能」の拡充を行ってきた。今回、同DSPが取り扱う広告枠の多くで「ads.txt」の対応が進んだことから、同機能を実装するに至った。

【関連記事】
DSP「Logicad」、「アウトブレイン」との接続を開始 利用可能なレコメンド広告枠が大幅に拡大
精度高いBtoBマーケが可能に!DSP「Logicad」、ランドスケイプの企業データベースと連携
ソネット・メディア・ネットワークス、「Logicad」の動画メニューを拡充 広告効果の測定も可能に
ネイティブ広告の素材で複数サイズのバナー作成が可能に!DSP「Logicad」に新機能が搭載
DSP「Logicad」、ネイティブ広告配信在庫を強化 従来のバナー広告との比較も実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5