SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

私のキャリア

オリジナリティにあふれた日本のTwitterを国内外にアピールしていきたい

 広告・マーケティング業界で活躍する人物の職業人生、キャリアを伝える本連載。今回は、Twitter Japanの杉本杏菜氏を紹介する。Twitterの日本市場進出に早い時期から関わってきた杉本氏。現在は、Twitter広告のマーケターとして企業向けのイベントやTwitterトレンド大賞を手がけるなど、幅広く活躍中だ。Twitterの成長とともに歩んできた自身のキャリアを振り返っていただいた。

※本記事は、2018年9月25日刊行の定期誌『MarkeZine』33号に掲載したものです。

「今しかない」と思い、入社を決意

Twitter Japan株式会社 グローバルビジネスマーケティング
シニアマーケティングマネージャー 杉本杏菜(AnnaSugimoto)氏

大学卒業後に総合広告代理店I&SBBDOへ入社。消費財メーカーを担当ののち、2012年6月にTwitter Japanへ転職する。Twitter広告の運用面を担当するクライアントアカウントマネージャー、その管理職を経て、2017年1月より現職。企業を対象としたTwitter広告のマーケティングに携わるほか、Twitter本社に対するインターナルマーケティングにも取り組んでいる。

――新卒で広告代理店へ入社した翌年に、Twitterへ転職された杉本さん。以前から企業としてのTwitterに興味をお持ちだったのでしょうか。

 2010年頃に日本のTwitter黎明期といえる盛り上がりがあり、大学生だった私もそれを楽しむ利用者の一人でした。広告代理店への就職を志望していたので、好きな広告クリエイターたちをフォローしたり、OB訪問のアポを取ったりと、よく使っていました。それから広告代理店へ入社し、消費財メーカーの営業担当として2年目を迎えた2012年、Twitterのリクルーターから「オフィスへ遊びに来ませんか」とカジュアルに声をかけられました。興味本位で行ったところ、実は面接だったという展開に驚いたことを覚えています。Twitterに転職することを考えていたわけではないのですが、面接を重ねていくにつれ「自分が実際に使っているサービスに関われることって、すごくおもしろいんじゃないか」と働くことを意識するようになりました。

 元々私は、ソーシャルメディア発の新しいコミュニケーションに関心がありましたし、東日本大震災では、Twitterがインフラとして重要な役割を果たしたことを体験しています。また海外では、Twitterをはじめとしたソーシャルメディアで国の政局が動くという出来事も起きていました。そのような流れの中、開設されたのが日本オフィス。面接を受けたときは、まさに力のあるグローバルなサービスが、日本市場で本格的にビジネスをスタートしようとしている時期だったのです。このようなタイミングで関われる機会は今後もないだろうと感じ、入社を決めました。このとき入社できたことは、今でも良かったと思っています。

――はじめは、どのようなお仕事を?

 公式アカウントや広告運用のサポートするクライアントアカウントマネージャーとして、Twitter広告の活用を広く提案していきました。Twitterは、広告営業のクライアントパートナーと運用専門のクライアントアカウントマネージャーが二人三脚で協力し合い、お客様を支援します。公式アカウントの運用は、これをやれば必ず伸びるというパターンがあるわけではありません。運用担当の方には、まずご自身で運用すること、そして自社の商品やサービスについて利用者がどのようなツイートをしているか観察することを提案しました。すると、公式アカウントからのツイート内容や、フォロワーの反応にも変化が出てくるのです。また、エンゲージメントを高め、話題になりやすいクリエイティブについても、お客様と一緒に考えてきました。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
Twitterらしさを表現できた「#Twitterトレンド大賞」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
私のキャリア連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

市川 明徳(編集部)(イチカワ アキノリ)

MarkeZine編集部 副編集長 大学卒業後、編集プロダクションに入社。漫画を活用した広告・書籍のクリエイティブ統括、シナリオライティングにあたり、漫画技術書のベスト&ロングセラーを多数手がける。2015年、翔泳社に入社。MarkeZine編集部に所属。漫画記事や独自取材記事など幅広いアウトプットを行っ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

マチコマキ(マチコマキ)

広告営業&WEBディレクター出身のビジネスライター。専門は、BtoBプロダクトの導入事例や、広告、デジタルマーケティング。オウンドメディア編集長業務、コンテンツマーケティング支援やUXライティングなど、文章にまつわる仕事に幅広く関わる。ポートフォリオはこちらをご参考ください。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/09/25 14:15 https://markezine.jp/article/detail/29256

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング