SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

世界のトレンドを読む

「ムスリム・マーケティング」のヒント

 2060年には30億人近くになる見込みの「ムスリム市場」。市場全体を俯瞰しつつ、ムスリム消費者の人気を勝ち取っているブランドの最新動向に迫る。

※本記事は、2018年9月25日刊行の定期誌『MarkeZine』33号に掲載したものです。

 「中国、インドに次ぐ『次の10億人市場』はムスリム市場だ」。2010年、当時オグルヴィ・アンド・メイザーのCEOだったマイルズ・ヤング氏はムスリム市場の可能性を見据え、このように述べたと言われている。

 米ピュー・リサーチ・センター※1によると、2010年時点の世界のムスリム人口は16億人。地域別割合で見るとアジア太平洋地域が61.7%(9億8,600万人)で最大だ。次いで中東19.8%(3億1,700万人)、サハラ以南アフリカ15.5%(2億4,840万人)、欧州2.7%(4,300万人)だった。また2015年には、世界のムスリム人口は18億人に増加。宗教別では今後最大の伸び率となり、2060年には30億人近くになる見込みだ。

 インドネシアやマレーシアを筆頭に、経済発展が著しい新興国が多く、所得レベルが高まり、消費も急速に拡大。ミレニアル世代やZ世代の割合が高いことも消費を押し上げる要因になっている。この市場機会を狙い、多くのグローバルブランドがムスリム市場に参入している。一方、ムスリム市場は独自の宗教的価値観や文化を持っているため、欧米の価値観を基準にしたプロダクトやサービスでは受け入れられないケースも多いようだ。

 その中でムスリム消費者の人気を勝ち取っているブランドも数多く登場している。いったいどのようなブランドに人気が集まっているのか。ムスリム市場を俯瞰しつつ、ムスリムブランド最新動向に迫ってみたい。

※1
『World’s Muslim population more widespread than you might think』
『Why Muslims are the world’s fastest-growing religious group』

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
世界経済の成長エンジン、ムスリム市場の成長予測

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
世界のトレンドを読む連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

細谷 元(Livit)(ホソヤ ゲン)

シンガポールを拠点にフィンテックやドローンなど先端テクノロジーに関する情報を実践を通して発信。現地ネットワークを生かしアジア新興国のリアルを伝える。Livit Singapore CTO。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/09/25 14:30 https://markezine.jp/article/detail/29260

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング