SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天インサイト、楽天IDを活用した調査ソリューション「イノベーターマーケティング」の提供を開始

 楽天インサイトは10月23日、約9,900万の楽天IDにもとづく分析データを活用した総合調査ソリューション「イノベーターマーケティング」の提供を開始した。

 楽天インサイトは今回、生活者を新たな商品や情報への感度に応じて5つに分類する「イノベーター理論」をもとに、独自の生活者分類プログラムを構築し、「イノベーターマーケティング」を開発した。これまで主流であったアンケート調査から得られる生活者の主観的な「意識データ」に加え、楽天IDを組み合わせることで、より高い精度でアンケートモニターを分類し、調査・分析・コンサルティングが行える。

「イノベーター理論」における5つの生活者分類
「イノベーター理論」における5つの生活者分類

 同ソリューションで提供されるアンケートモニターは、クライアント企業の要望に応じて、総合的な情報への感度にもとづいて分類する「業界横断型」、または特定の商品カテゴリーに特化して分類する「業界特化型」にカスタマイズができる。

 また、同ソリューションを利用した調査および分析は、「自社の商品・サービスのターゲットとなる市場や顧客にどのように受容されるか」といった、将来性を加味した顧客理解を促進。これによって、これまでとは異なる基軸による新たな市場の創造に貢献する。

【関連記事】
楽天インサイト、インフルエンサーの意見を直接活用できる調査サービスをリリース
楽天とAdRoll Group、広告プラットフォームを提供する新会社「楽天アドロール」を設立
楽天IDとぐるなび会員IDが連携 飲食店舗へ「楽天エコシステム」を拡大
楽天西友ネットスーパーがアクティブコアの統合型ソリューション採用 購買傾向などを容易に可視化
楽天とぐるなび、資本業務提携を締結

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/23 15:00 https://markezine.jp/article/detail/29545

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング