SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

イベントレポート

アフラックCIOが語る、コンタクトセンター再構築PJによるデジタルトランスフォーメーション成功事例

 セールスフォース・ドットコムは、12月5日、「Salesforce World Tour Tokyo 2018」を開催した。同イベントから、SalesforceとSuccess Cloudを活用し、コンタクトセンター再構築プロジェクトを成功させたアフラックのデジタルトランスフォーメーション成功事例を紹介する。

創業以来、カスタマーサクセスを実践し続けてきた

 昨今、カスタマーサクセス(Customer Success)という言葉を耳にする機会が増えている。日本語に直訳すると「顧客の成功」。セールスフォース・ドットコムの米国本社では創業時からある考えで、1999年からカスタマーサクセス部隊をもっているという(参考記事)

株式会社セールスフォース・ドットコム カスタマーサクセス統括本部 専務執行役員 宮田 要氏

「弊社が米国で創業して19年、弊社のコアバリューの一つがカスタマーサクセスです。クラウドの世界でカスタマーサクセスマネジャーを初めて導入したのが弊社であり、第一号のカスタマーサクセスマネジャーはマーク・ベニオフです。つまり、私たちは創業以来、カスタマーサクセスを軸に置き、カスタマーサクセスを進化させてきました」(宮田氏)

米国セールスフォース・ドットコム
Global SVP, Customer Adoption, Marketing & Business Development, Jamie Domenici氏

 また、米国セールスフォース・ドットコムのJamie Domenici氏からは、「Success Cloud」の概要が説明された。

 Jamie Domenici氏によると、Salesforceを使いこなしてデジタル変革を進めるために、「学習」「定着化」「ビジネス変革」の3つの点で顧客から相談を受けることが多いという。それに対して、TRAILHEADやヘルプポータル、コミュニティを用意。またSalesforceの導入を支援するスぺシャリストである「インプリメンテーションアーキテクト」をはじめとしたアドバイザリーサービスを提供している。

「どうすれば顧客中心型の企業へ変革できるのかと相談を受けることがありますが、真の変革はテクノロジーのみでは実現できません。Salesforceはツールであり、単にシステムに投資するだけではだめなのです。無形の文化的・人的要素に注力する必要があります

 最終的に技術を使うのは人間だから、価値観や明文化されていないルール、行動規範の浸透が大事なのです。これはテクノロジーの活用と両輪でみていく必要があります。これは簡単なことではありませんが、私たちはパートナーとして伴走し、技術・文化の両面でお客様の変革を支援していきます」(Jamie Domenici氏)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
アフラックが挑んだデジタル変革、成功までの道のり

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

安成 蓉子(編集部)(ヤスナリ ヨウコ)

MarkeZine編集部 編集長 1985年山口県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。専門商社で営業を経験し、2012年株式会社翔泳社に入社。マーケター向け専門メディア『MarkeZine』の編集・企画・運営に携わる。2016年、定期誌『MarkeZine』を創刊し、サブスクリプション事業を開始。編集業務と並行して、デジタル時代に適した出版社・ウェブメディアの新しいビジネスモデル構築に取り組んでいる。2019年4月、編集長就任。プライベートでは...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/13 08:00 https://markezine.jp/article/detail/29914

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング