SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』特集

カスタマーサクセスの理論と実践

 BtoBマーケティングで「カスタマーサクセス」に熱い視線が注がれている。売って終わりの売り切り型からサブスクリプション型というビジネスモデルの変化により、顧客と良好な関係を継続すること、顧客側で想定していた成果が出ていること(成功)が重要になっていることが背景にある。カスタマーサクセスとは何か、その定義から組織づくりまでを解説する。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

※本記事は、2018年9月25日刊行の定期誌『MarkeZine』33号に掲載したものです。目次はこちら!

●カスタマーサクセスとは何か?
●コンサルやカスタマーサポートとは何が違う? “信頼されるアドバイザー”
●実践1:製品活用の3ステップ
●実践2:利用状況を数値化する
●実践3:ユーザー会で効率よくノウハウを共有
●カスタマーサクセスを実現するには?

カスタマーサクセスとは何か?

 カスタマーサクセス(Customer Success)を日本語に直訳すると「顧客の成功」となります。セールスフォース・ドットコムの米国本社では創業時からある考えで、1999年からカスタマーサクセス部隊をもっています。当時カスタマーサクセスという言葉はなく、我々がコンセプトを考案し、実践した最初の企業と言えます。

 背景には、セールスフォース・ドットコムのビジネスモデルがあります。我々は営業支援やCRMなどのソフトウェアをインターネット経由で提供するSaaSモデル(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)をとっており、顧客はサブスクリプションとして月額や年額で対価を払います。

 このビジネスモデルそのものが当時は新しかったのですが、売って終わりというそれまでのソフトウェアの販売方法に創業者が疑問をもっていたことがあります。売り切り型の場合、顧客は最初に大きな投資をしてシステムを構築し、その後きちんと使えなくてもそのままです。

 せっかく導入したのだから、しっかりと成果を出してもらわなければ意味がない。お客様が満足して製品を使っているというのがあるべき姿です。

 つまり、ビジネスモデルとしてサブスクリプション/カスタマーサクセスを考えたというよりも、使えないソフトウェアを売って終わりというそれまでのソフトウェア業界のあり方を変えたかったのです。

 サブスクリプション形式の場合、満足していない顧客は契約を更新しません。更新してもらうためには、お客様に使ってもらい、期待通りの成果が得られていることが重要です。

 営業は新規顧客の獲得に目が行きがちで、顧客のその後をフォローする余裕はありません。顧客のケアをするためには、顧客の成功を考えることを専門にする部署を立ち上げる必要性があります。そうやって立ち上げたのがカスタマーサクセス部門です。

この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
コンサルやカスタマーサポートとは何が違う? “信頼されるアドバイザー”

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
定期誌『MarkeZine』特集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

安成 蓉子(編集部)(ヤスナリ ヨウコ)

MarkeZine編集部 編集長 1985年山口県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。専門商社で営業を経験し、2012年株式会社翔泳社に入社。マーケター向け専門メディア『MarkeZine』の編集・企画・運営に携わる。2016年、定期誌『MarkeZine』を創刊し、サブスクリプション事業を開始。編集業務と並行して、デジタル時代に適した出版社・ウェブメディアの新しいビジネスモデル構築に取り組んでいる。2019年4月、編集長就任。プライベートでは...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

末岡 洋子(スエオカ ヨウコ)

フリーライター

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/09/25 13:30 https://markezine.jp/article/detail/29249

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング