SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』Voice

CxOを語る

 従来馴染みのあるCEO、COOという役職だけでなく、CMO、CDO、CCO、CXOをはじめ、様々な「CxO」の役職が生まれている。経営課題を専門領域の視点で解決する重要な役割を担うCxO。今回はCCO(Chief Creative Officer)、CDO(Chief Digital Officer)、CXO(Chief eXperience Officer)のミッションを紹介する。

※本記事は、2018年12月25日刊行の定期誌『MarkeZine』36号に掲載したものです。目次はこちら!
●優れたクリエイティブは企業の競争力になる
株式会社サイバーエージェント 佐藤 洋介氏
●デジタル化時代の経営環境で、自社の事業定義を再創造する
一般社団法人CDO Club Japan 鍋島 勢理氏
●ユーザーが受け取る体験価値、情報価値、商品価値を最大化する
株式会社ムーンショット 菅原 健一氏

優れたクリエイティブは企業の競争力になる

 我々クリエイターは、常にユーザーのリテラシーに向き合い、市場の変化にこれまでの経験をアジャストし続けてきました。そして今後は、優秀なアレンジャーとして経営に参画する機会も増えてくるでしょう。僕のミッションとしては、組織の中でクリエイターが切磋琢磨できる環境を整え、クオリティの目線を市場のトップラインに置き、常に最高のクリエイティブを経営の材料としてアレンジし続けていくこと。これはCCO(Chief Creative Officer)のミッションとも言えます。

 近年、サービスやデバイスの進化と同じくらいユーザーリテラシーも複雑に進化してきました。少し前なら当たり前だったUIの常識が、ユーザーを取り巻く環境の変化によってすぐに陳腐化して見えてしまう。当然、クリエイティブが担う「心地よい体験」についても、一定の普遍性を保ちながら、常にアップデートさせていかなければ現代のユーザーの心をつかむことはできません。情報過多で選択の時代。市場が進化すればするほど、ユーザーの目は肥えてきているのです。そうした時代だからこそ、優れたクリエイティブやブランディングがそのまま企業の競争力になる。ときにはユーザーのリテラシーをも牽引する必要が出てきました。ユーザーを満足させるためには、常にユーザーの思考を想像し、場合によっては「ポジティブに迷わせ、驚かせる工夫」さえデザインする必要が出てきました。

 「新しい驚き」の提供は、「心地よい体験」としてアレンジすることができます。なのでサイバーエージェントのプロダクトに触れること自体を、ユーザーにとってまったく新しい経験とすることで、さらに市場を牽引していきたいと思っています。

株式会社サイバーエージェント 執行役員 クリエイティブ統括室 室長 佐藤 洋介氏2012年に中途入社。様々なスマートフォン向けサービスのデザイナーを統括。現在はクリエイティブ担当の執行役員として、各サービスのUIデザインを監修。

株式会社サイバーエージェント
執行役員 クリエイティブ統括室 室長
佐藤 洋介氏

2012年に中途入社。様々なスマートフォン向けサービスのデザイナーを統括。現在はクリエイティブ担当の執行役員として、各サービスのUIデザインを監修。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!初月1円キャンペーン中!

プレミアムサービス詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
・こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。
・チームメンバーをユーザーとして登録することができます。
 ユーザー登録は管理者アカウントで手続きしてください。
 手続き方法の詳細はこちら

次のページ
デジタル化時代の経営環境で、自社の事業定義を再創造する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
定期誌『MarkeZine』Voice連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/25 15:45 https://markezine.jp/article/detail/29975

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング