MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Instagramの購買への影響力が拡大/動画投稿は昨年比で約1.6倍に【ジャストシステム調査】

2018/12/27 13:00

 ジャストシステムは、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用し、「動画&動画広告 月次定点調査(2018年11月度)」を実施した。

「静止画より動画」は昨年比で約1.6倍に

 はじめに、SNS投稿を行っている人を対象に、「動画と静止画どちらを投稿することが多いか」を調査。その結果、「静止画よりも動画を投稿することが多い」と答えた人は11.3%で、「静止画しか投稿しない」と答えた人は35.3%だった。10代に限って見ると、「動画を投稿することが多い」と答えた人の割合は20.3%で、2017年8月度調査時(12.7%)から7.6ポイント増加していることが明らかになった。

静止画より動画を投稿することが多い割合

「いいね」や「シェア」を頻繁にするのは「YouTube」

 次に、「いいね」「シェア」をする頻度が最も高い動画プラットフォームを調査。1位となったのは「YouTube(49.1%)」で、次いで「Instagram(7.9%)」「LINE(3.3%)」となった。2017年11月度調査と比較すると、10代では「Instagram」が14.1%から15.4%、20代では9.9%から12.9%に増加していることがわかった。

「Instagram」が与える購買への影響力が拡大

 続いて、動画広告を見たプラットフォームの中で、最も購買の参考にしたものを調査。その結果、「YouTube(36.5%)」がトップとなり、次いで「LINE(5.9%)」「Webサイト(5.7%)」となった。10代に限った場合では、「Instagram」が2017年10月度調査(2.6%)と比べて12.5%と、5倍近く増加していることが判明した。

約6割が「レジューム機能」を利用

 最後に、動画の視聴を中断後に再び続きから視聴できる「レジューム機能」の利用率を調査。月額制動画配信サービス利用者の中では、同機能を利用している人は62.6%だった。

 同機能の利用者からは、「通勤や通学途中など、最後まで視聴する時間がないために利用している」と答えた人は46.8%で、「レジューム状態にしたまま、結局視聴しない動画もある」と答えた人は39.6%だった。なお、「動画の内容を少しだけ再生して内容を確かめるために利用している」と答えた人は28.8%だった。

【調査概要】
調査期間:2018年11月21~25日
調査対象:17~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ「Fastask」でのアンケート調査

【関連記事】
中国のSNSでは、日本の「キッズ用品」に関する口コミ投稿が急上昇【トレンドEXPRESS調査】
アジャイルメディア・ネットワーク、台湾に子会社を設立 SNS利用率の高いアジア市場での事業拡大へ
この春、約25%のユーザーがSNS利用を見直した【ジャストシステム調査】
見る専門でSNS利用するユーザーの割合は?/約7割がSNSきっかけに商品購入【トレンダーズ調査】
「広告は不快ではない」複数アカウントを持つTwitterユーザー約3割が回答【ジャストシステム調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5